気になる男子との初めてのデートは、どうせなら好印象を与えて二人の距離をグッと縮めておきたいですよね! 今回は初デートを成功させて、彼とより親密になるためのテクニックをご紹介します。

1.前日は必ずLINEなどでメッセージを送ろう



初デートを成功させるためには、当日にだけ気を配れば良い訳ではありません。前日の夜は、初デートの下準備として必ずLINEなどでメッセージを送るようにしましょう。

どんなメッセージを送れば良いの?
送るメッセージは、とにかくあなたの「楽しみ」と言う気持ちが伝われば何でもOKです。「明日楽しみだなぁ」「明日のために今日は早く寝るね」など、あまりやりとりを長引かせないような内容を送るようにしましょう。

2.デート中は褒め上手になろう


デート中はどれだけ会話を盛り上げることができたかが、男子からの印象を大きく左右します。デートの会話で好印象を得るためには、褒め上手になるのが一番簡単にできる会話のテクニックです。

褒め上手な女子は、“みんな”を使って褒めている
褒め上手な女子が良く使うのが、「みんなに言われませんか?」や「みんな言ってるよ」というワードです。これをいつもの褒め言葉にプラスするだけで、あなたの褒め言葉にリアリティが出るのです。これなら誰でも簡単にマネすることができますし、褒められることをお世辞と捉えがちな年上男性に、特に効果的なテクニックになりますよ!

3.ご飯はとにかくおいしそうに食べよう



初デートでは、一緒にご飯を食べる場面が多いですよね。ランチでもディナーでも、デート中の食事で意識したいのは、食事のマナーよりもとにかくおいしそうに食べること!

おいしそうに食事する姿が好きな男子が多い
小食ですぐ「お腹いっぱいになっちゃった」とご飯を残す女子よりも、「おいしそうー!」と笑顔で食べて一緒に「おいしいね」と笑い合える女性の方が、男子からすると高評価を得られるのです。
無理して小食ぶったり、緊張しすぎて無表情で食事することのないように注意してくださいね。

4.割り勘に固執し過ぎると嫌な印象に…


ご飯や映画など、デートでは支払いをする場面が多く訪れます。そんな時に「おごられるのが当たり前の女子は嫌われるのよね」と考えて、割り勘することに固執してしまう女子は多いです。でも、割り勘にこだわり過ぎたことで、ぎくしゃくした雰囲気でデートを終えるなんて最悪の結果ですよね。

おごられ上手になることも必要
確かに、男子は「おごられるのを当たり前」だと感じている女子に反感を覚えるものです。でも、レジの前で「払う払わない」の問答を繰り返すのも、同じくらい嫌な印象を与えてしまうのです。一度払うと言って断られたら、会計を終えた彼にニッコリ笑って「おいしかった。ごちそうさま!」と伝えましょう。その後、カフェやデザートなど何でも良いので「ここは私に払わせて」と言うだけで、相手も納得のおごられ上手になれちゃいますよ♡

5.デートの最後に「また誘って」を忘れないで♡



デートの最後には必ず、「また誘ってください」と言うのを忘れないようにしましょう。この言葉を伝えるかどうかで、相手から次のデートに誘われるハードルが大きく変化します。

男子に「誘っていいんだ」と思わせる
「また誘ってくださいね」とデートの最後に伝えることは、そのデートが成功だったことのアピールにつながります。つまり、こう言われた男子は「また誘っていいんだ」と理解することができるのです。
自分からデートに誘うのが苦手だと言う女子は、彼から誘ってもらうためのベース作りと考えて忘れずに伝えるようにしてくださいね!

初デートは、ちょっとしたポイントでも相手の評価につながりがちです。あなたが彼をチェックしているように、彼もまたあなたをチェックしていると考えましょう。彼好みのかわいい女の子になれるよう、シュミレーションをしっかりしておくと、初デートの成功率もアップしますよ♡
(Yuzuko)