トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館は、5月28日に「第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催する。

 

このイベントは、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたものとして企画されている。愛・地球博記念公園をメイン会場に、1987年以前に製造された日・欧・米の一般参加となるクラシックカーによる公道パレードのほか、多彩なプログラムを展開する。

 

マツダ・コスモスポーツも登場

今年はパレードのスタートに、発売から50周年を迎える「トヨタ2000GT」の“ボンドカー”が登場。これは映画「007は2度死ぬ」のために作られた2000GTのオープンバージョン。このボンドカーに、年代順に一般参加車両約150台が続き、後列には「トヨタi-ROAD」といった次世代車も参加。車列から車の進化が感じられるパレードとなる。

 

合わせて会場では「夢と憧れー1960年代のスポーツカー」をテーマとした企画展示も行われる。こちらには先ほどのトヨタ2000GT“ボンドカー”に加え、同じく50周年となるマツダ・コスモスポーツ、日産シルビア、フォード・マスタング、ジャガーEタイプ・ロードスターの5台を展示。走行披露も実施される。

 

トヨタi-ROAD

さらに今年は、名古屋商工会議所の協力を得て「モノ+スゴ」プロジェクトとして、次世代モビリティ(i-ROAD、コムス、Winglet)の体験試乗も予定されている。

 

イベントの詳細はトヨタ博物館の公式サイトでご確認を。

http://www.toyota.co.jp/Museum/

 

【第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル 概要】

日時:2017年5月28日 8:45~16:00(入場無料)雨天決行

会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

参加車両:一般参加車両約150台、トヨタ博物館収蔵車両10台ほか