ロンドン北西部の住宅街で、前日に対テロ強制捜査が行われた現場で撮影された、割れた窓ガラス(中央、2017年4月28日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英警察当局は28日、首都ロンドン(London)で前日夜に行った強制捜査で、テロ計画に関与していたとされる6人を逮捕したと発表した。同日には国会議事堂付近で刃物を持った男が逮捕される事件が起きたばかり。

 同市では先月22日にも国会議事堂付近で襲撃事件が発生して5人が死亡、50人が負傷しており、6月8日の総選挙を控え厳重な警戒態勢が続いている。

 警察は27日夜、対テロ捜査の一環としてロンドン北部の住宅で強制捜査を実施。武装警官隊が催涙ガスを発射しながら住宅内部に突入し、20代の女1人が銃で撃たれた。

 捜査の一環として6人が身柄を拘束された。一方、同じく関与が疑われている女は病院で治療を受けており、容体は深刻ながらも安定している。

 国会議事堂付近ではこの数時間前、複数の刃物を所持した男(27)がテロ容疑で逮捕されていた。警察は両事件に関連はないとしている。
【翻訳編集】AFPBB News