「彼女途切れたことなくてさ…」モテ自慢をしてくる男性への対処法

写真拡大



「俺、モテるんだよね」と過剰にモテアピールをしてくる男性っていますよね。聞かされている方としてはつまらないし面倒くさいし、「この自慢いつまで続くの…?」と思ってしまうもの。そこで今回は「モテる自慢をしてくる男性への対処法」について、20代女性にリサーチしてみました。

■1. 肯定も否定もしない

「先輩がいつもモテる自慢をしてくる。立場上余計なことは言えないので『そうなんですね』と受け流しています」(20歳/大学生)

適当に流すのが一番丸く収まる方法ですよね。「うんうん」「そうなんだ〜(棒)」と聞き流しつつ、心の中で「そんなにモテるわけないだろ!」とツッコミを入れましょう。それでもどうしてもストレスがたまったときは、あとで女友達に聞いてもらうのが良いかもしれません。

■2.「本当にモテる人って、言わないよね?」

「合コンでずっと『カッコいいのにバカなこともやっちゃう俺』『だから知らぬ間にモテちゃう俺』をアピールしている男性がいた。はじめは黙って聞いていたんですが、みんなのイライラもピークに達したころ、女友達が『でもモテる男ってそういうこと言わないよね(笑)』とバサバサ切りはじめた。なんだかスカッとしましたね」(23歳/受付)

男性のモテ自慢があまりにも長い場合は、思い切ってぶった切ってしまうのもアリ。「本当にモテる人はそんなこと言わない」「モテ自慢はカッコ悪い」など、ストレートにダメ出しをされたら、自慢ばかりしていた男性もきっと察するはずです。かわいげのない女だと思われるのは確実ですが、変に話に乗ってしまうとかえって「俺のこと好きなんだ」と勘違いされてしまうこともあります。彼に興味がないのなら、思っていることをハッキリ伝えても良いでしょう。

■3. 「モテる知り合い」でマウンティング攻撃

「しつこくモテる自慢をしてくるので、『そういえば私の知り合いにもっとモテる人がいるよ〜!』『バレンタインはチョコ50個くらい貰うんだって!』と言ってみた。そしたら急に静かになっちゃいました(笑)」(21歳/大学生)

モテるアピールをしてくる男性は、「すごい!」と褒められたい場合がほとんど。なのに自分よりさらにモテる男性の話をされたら、彼も思わず黙り込んでしまうでしょう。架空の人物でもOKなので、どうしても彼のモテ自慢がしつこい場合には、この策を取ってみてくださいね。

■4. 「モテない人が好き」と訴える

「友達の紹介で会った男性から、やけにモテ自慢をされた。なので『モテない人のほうが好きだな』と言ったら、慌てて『あ!でもこれ小学生のときの話だから!』と訂正されました(笑)」(25歳/IT)

「浮気が心配だから、私はモテない人が好きだな…」と言われたら、男性もモテ自慢が必ずしもメリットだけじゃないことに気がついてくれるかも。特に彼があなたのことを狙っているのであれば、モテるアピールはやめるはずでしょう。これなら相手に不快な思いをさせずに、モテ自慢を阻止することができそうですね。

■おわりに

モテ自慢をしてくる男性は、自分をよく見せるため、良かれと思ってやっていることがほとんど。彼のことが好きじゃないのなら、もうこれっきりだと思ってバッサリ切っても良いでしょう。でも彼のことが少しでも気になっているのであれば、モテ自慢をやんわり否定してあげるようにしましょうね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)