マクロン氏、ルペン氏の決戦進出を報じるパリのキオスク(筆者撮影、以下同)


「新しい顔」「欧州」──。

 フランス大統領選の第1回投票(4月23日)で24.01%のトップ得票率を獲得し、決戦投票(5月7日)に進んだ無党派グループ「前進!」のリーダー、エマニュエル・マクロン氏(39)が“勝利宣言”で何度も繰り返したのがこの2つの言葉だ。

 これらの言葉こそ、今回の大統領選を特徴づけたキーワードと言える。

 まず「新しい顔」は、まさにマクロン氏を言い表している。ちょうど1年前にマクロン氏が右派でも左派でも政党でもない中道政治グループ「前進!」を創設した時、国民の大半は彼が「大国」フランスの大統領の座を至近距離で狙うことになるとは予想しなかった。なにしろマクロン氏は、議員経験がなく、閣僚経験がたった2年(2014年8月から2016年8月まで経済相)のシロウト政治家だったのだ。

 その点、ドナルド・トランプ米大統領と似ていなくもない。ただし、トランプ大統領が「大金持ちの有名人」だったのに対し、マクロン氏は経済相に就任する前は一部政財界人以外にはまったく名前を知られていなかった。経済界に多少名が知られていたのは、ロッシルド(英語読みはロスチャイルド)商業銀行のナンバー2として企業間の大型買収問題で辣腕をふるっていたからだ。

4月17日にパリで開催されたマクロン氏の大集会


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

高まる「反システム」の空気

 マクロン氏はなぜトップの支持率を得ることができたのか。最大の理由は、約20年間続いた右派と左派の2大政党政治にフランス国民が異議を申し立てたから、ということになるだろう。つまり、国民の間で高まってきた「反既成システム」の空気がマクロン氏を勝たせたというわけだ。

 2大政党は高失業率も治安悪化も改善することができず、物価や税金を上げる一方だった。国民はそんな体たらくに愛想をつかし、無党派でしかも若いマクロン氏に「フランスと欧州の将来と夢」を賭けたのだと言える。

 その結果、右派政党「共和党」(LR)のフランソワ・フィヨン氏(20.01%)が3位に沈み、社会党のブノワ・アモン氏(6.36%)は、極左勢力「服従しないフランス」のジャンリュック・メランション氏(19.58%)よりも支持を集められず、5位と惨敗した。

 今回の大統領選は、第5共和制発足(1958年)以来続いてきた2大政党という政界の「既成システム」が崩壊したのみならず、右派政党と左派政党が共に決戦投票に進まない歴史的な選挙ともなった(右派政党が決選投票に進まないのは今回が初めてである)。同時に、「老大国」フランスの地殻変動を示す歴史的選挙と言ってもよい。

「反欧州」の急先鋒、ルペン氏

 マクロン氏と決戦投票を争う相手は極右政党「国民戦線」(FN)の党首、マリーヌ・ルペン氏(48)である。得票率は21.3%だった。

 ルペン氏は「反欧州」の急先鋒だ。大統領就任の暁には、不法移民増加の元凶「シェンゲン協定(EU内でヒトやモノが自由に往来できる協定)」やフランス経済の“足かせ”である「単一通貨ユーロ」を規定したEUからの脱退の是非を、国民投票にかけると公約している。

 今回の大統領選には11人が出馬したが、ルペン氏をはじめ8人が「反欧州」だった(「親欧州」はマクロン氏、フィヨン氏とアモン氏の3人)。極右と極左がそろって「反欧州」を唱えるという現象も、今回の選挙が従来の「右派 対 左派」の争いではなく「既成システム 対 反既成システム」の戦いであることを物語っている。

 なお、マクロン氏は比較的高学歴な安定収入階層が多いパリなど大都会で支持され、ルペン氏は地方の農民や低学歴層、低所得者層を中心に支持を得ている。このように「2つのフランス」(ルモンド、4月25日)に色分けされる分断現象も、米国の大統領選と似ていなくもない。左右のイデオロギー対決が終焉し、「反既成システム」現象が世界中で蔓延しつつあることを暗示していないだろうか。

政界はマクロン氏支持が優勢

 フィヨン氏とアモン氏は“敗北宣言”の中で、決戦投票ではマクロン氏に投票するよう支持者に訴えた。また4位のメランション氏は、ルペン氏と同様に「反欧州」だが、熟考の末にやはり「反ルペン」を表明した。

 左派陣営のヴァルス前首相は第1回投票の前に「マクロン投票」を宣言して、アモン氏惨敗の要因にもなった。オランド大統領も決選投票でのマクロン氏への投票を明言し、党幹部もそろってマクロン支持を確認している。だが、マクロン氏にとって社会党の支持は“ありがた迷惑”ともいえる。国民の間でオランド政権への反発が強いからだ。ライバル陣営は、1回投票前からマクロン氏を“オランドの息子”と呼び、オランド政権の「負の継承者」扱いをしていた。

 右派陣営では、フィヨン氏と予備選を争ったサルコジ前大統領、アラン・ジュペ元首相が「ルペンを阻止するにはマクロンに投票するしかない」としてマクロン投票を宣言した。ただし、元閣僚も含めた「正統ドゴール主義者」などはマクロン投票を良しとせず、「白票」や「棄権」を表明した者もいる。

 第1回投票直後の各種世論調査では、決選投票ではマクロン氏が六十数パーセント、ルペン氏が三十数%でマクロン氏勝利との結果が出ている。

 もちろんルペン氏は巻き返しに余念がない。4月25日には「人種差別党」のイメージが完全に払拭されていないFNの党首を辞任した(FNは人種差別を公然と口にする父親のジャンマリ・ルペン氏が結成した)。決選投票用のポスターの名前表記も、「ルペン」を外して「マリーヌ」のみにした。知人や友人にもめったに話さない「3児の母」であることを強調し、「普通の右派政党」へのイメージ作りに必死である。

 また、ここに来て、メランション氏が自らの「反欧州」の方針は変わらないことを表明し、約19%の支持票がルペンに流れかねない事態となっている。果たしてマクロン氏はリードを保ったまま決戦投票に臨むことができるだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子