<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 2日目◇28日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>
今季よりダブルス形式となった注目の米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」2日目。3アンダー11位タイから松山英樹&谷原秀人組は6アンダーとスコアを3つ伸ばしてハーフターンを迎えた。
【関連写真】“AO”がグータッチ!レジェンドが互いに健闘を称え合う!
お互いの良いほうのスコアを採用する「ベストボール」で行われる2日目。午後組ということで多くのペアが伸ばす中でのスタートとなったが、4番で松山がパーパットを外すと、谷原も1.5mのパーパットを外しまさかのボギー。だが、7番パー5で松山が2オンからイーグルを奪うと8番では谷原がバーディ。さらに9番パー3で松山がティショットをピンに絡めてバーディ。26位タイで折り返した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

相談は“グリーン上”のみ!? 好スタートを生んだ松山英樹、谷原秀人組の戦略
“パター変更”が奏功した松山英樹、谷原秀人と3打差の好スタート
師匠・岡本綾子からもツッコミ 森田理香子は18位タイに「ヘタですねぇ…」
ジャンボ尾崎、青木功と同組は「最後にしてもらいたね」
松山英樹にリッキーも!注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜