バカンブ&ソルダード躍動の5位ビジャレアルが3連勝! 18位ヒホンは次節降格の可能性…《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽リーガエスパニョーラ第35節、ビジャレアルvsスポルティング・ヒホンが28日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが3-1で快勝した。

▽ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す5位ビジャレアルと、残留に向けて崖っぷちの18位ヒホンの一戦。試合は立ち上がりから地力で勝るビジャレアルペースで進む。すると13分、ホセ・アンヘルが強引な突破でボックス左に持ち込んでマイナスにクロス。これをソルダードが丁寧に落とし、ゴール前のソリアーノが右足を振り抜くが、枠の右隅を狙ったシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、先制点とはならなかった。

▽その後は残留に向けて勝ち点3が必須のヒホンが押し返す。24分にはボックス中央でチョップのパスを受けたモイ・ゴメスに絶好機も左足のシュートはクロスバーを叩く。さらに31分には右CKからゴール前でフリーのチャビ・トーレスがヘディングシュートも、ここは相手GKアンドレス・フェルナンデスのビッグセーブに遭う。

▽すると33分、セットプレーの流れからロドリゴ・エルナンデスが頭でゴール前に流すと、巧みな動き出しでゴール前に抜け出したソルダードが飛び出したGKの意表を突くタイミングで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、ホームのビジャレアルが先制に成功した。これで勢いづいたホームチームは、その後も2点目に迫るが、前半は1-0のスコアで終了した。

▽迎えた後半、ビジャレアルが開始早々に追加点を奪う。47分、ジョナタン・ドス・サントスのスルーパスに抜け出したバカンブがGKとの一対一を難なく制した。

▽これで勢いづくホームチームは、56分にもバカンブの高い位置でのボール奪取からボックス内で相手GKと二対一の数的優位を作り出すが、バカンブの横パスが雑になり、ソルダードのシュートは枠の左。絶好機を逃して試合を殺せなかったビジャレアルだったが、直後の59分に今度はソルダードの絶妙なお膳立てからゴール前のバカンブが冷静にダイレクトシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。

▽一方、残留に向けて厳しい3失点目を喫したヒホンは、65分過ぎまでに3枚の交代カードを切って懸命にゴールを目指すと、73分に味方のシュートのこぼれ球を繋いだロドリゲスのお膳立てからドウグラスが見事なシュートを突き刺し、一矢報いる。だが、試合終盤にかけて守備を固めたビジャレアルの堅守をこじ開け切れず、試合はこのままタイムアップ。

▽バカンブとソルダードのコンビが爆発したビジャレアルが、EL出場権獲得を大きく引き寄せる3連勝を飾った。一方、敗れたヒホンは、勝ち点6差の17位レガネスとの勝ち点差を縮められず、次節にも降格の可能性が出てきた。