近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第5刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

会議こそ
大事な「教育」の場

 会議の目的は、「ディスカッションをして結論を出す」「情報を共有する」こと以外にもあります。

「社員を成長させる」ことです。

 私が社長になる前は非常にずさんで、会議は一切行われていませんでした。
 でも私は、「会議も教育の場」だと位置づけ、会議時間は短くとも効率的に行っています。

 日本レーザーでは、毎週月曜に、全社員を対象とした「全社会議」を行っています。
 30分ほどの短い会議ですが、私が「今週のポイント」として報告事項を伝えるほか、社員にも発言の機会を与え、プレゼン力が上がるようにしています。

 大企業では、組織を簡素化しようとしていますが、私は逆です。

 私は、部長・課長という名称の幹部をどんどん増やして会議に出席させています。
 現在、正社員の「3分の1」は幹部になっています。
 幹部を増やしているのは、「経営に参画している」という当事者意識を持つとモチベーションアップにつながるからです。

全社会議とは?

 全社会議で、テレビ会議システムを使い、東京本社、大阪支店、名古屋支店、同時に開催する。経営状況、経営方針、月次決算説明、海外出張報告、社外研修の終了報告、プレゼンの訓練を行います。

 海外出張から戻った社員や、社外研修を受講した社員には、内容を報告してもらいます(海外出張の報告は英語でスピーチするのが決まり)。

 また、女性の経理課長に毎月の月次決算と経営状況を説明してもらっています。

 毎週の全社会議は1回約30分ですが、月に一度は、1時間半〜2時間かけて、経営概要や経営方針を徹底して伝えます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)