強制降機事件で注目を集めた米ユナイテッド航空が再び騒動を起こした。今回の被害者は巨大ウサギだ。資料写真。

写真拡大

2017年4月27日、中国新聞網によると、米ユナイテッド航空に再びスキャンダルが起きた。健康な巨大ウサギが死んでしまったのだ。

強制降機事件で注目を集めた米ユナイテッド航空が再び騒動を起こしている。今回の被害者は巨大ウサギのサイモンくん。父親は体長1.3メートルという世界記録を持っている。ユナイテッド航空機で米国に送られたが、到着時には死亡していた。繁殖業者はこれまでも世界各国に空輸してきたが、死亡した事例はなかったと首をかしげている。

米運輸省の統計によると、2015年には35匹の動物が航空機での輸送中に死亡している。うち米ユナイテッド航空は14匹で最多だ。負傷した事例でも米ユナイテッド航空が最も多い。強制降機事件に続き、また一つの問題が明らかになってしまった。(翻訳・編集/増田聡太郎)