媚びないファッション。自分のために着る

写真拡大 (全5枚)

ただかわいらしいだけじゃなくて、凛とした女らしさを感じるものを着たい気分。

誰のためでもなく自分のために身につけたい、媚びないファッションをご紹介します。

黒、白、デニム。新生ディオールがかっこいい

白いTシャツにデニムのパンツ、黒のジャケットをさらりと羽織って、髪はタイトに...。品のあるスタイルをつらぬいてきたディオールが、クールな印象へと変わってきています。女性の強さや凛々しさを感じる洋服は、ここぞ、という場面で身につけたい。

>>記事を読む

ガーリーは卒業。媚びない大人のギンガムチェック

20170428_matome4.jpg

サンフランシスコ女子たちの着こなしに触発されて、この夏はギンガムチェックコーデに挑戦してみたくなりました。ガーリーな印象になってしまいがちなギンガムチェック。大人に着こなすポイントが知りたい!

>>記事を読む

「かわいい」のアンテナに引っかかった、ピンクのサングラス

20170428_matome1.jpg

ケンダル・ジェンナーがスナップでかけていた姿に思わず一目ぼれしてしまった、ピンクのサングラス。今シーズンのピンクのサングラスは、レンズの色が薄くてフレームが細いのが特徴。いつものスタイルにピンクのサングラスをかけるだけで、印象ががらりと変わりそう。

>>記事を読む

自分のための勝負下着でオンオフ切り替える

20170428_matome3.jpg

いい気分で仕事がしたい。やる気を高める方法を探していたら、自分なりのパワーアイテムで仕事モードを加速させている人が多いことに気がつきました。好きな人に見せるためでなく、自分の気持ちを高めるために身につけたいのは「第2の勝負下着」。

>>記事を読む

自分の気持ちが上がるものを着る──。それだけで1日をハッピーに過ごせそうです。

イラスト/ニシクボサユリ

こちらも読まれています

・42%がイメチェン失敗。GW明けにリベンジにする人多い

・結局、白シャツに原点回帰する

・オンとオフ、上手に切り替えるために身につけたいもの #sponsored

一日のなかで仕事が占める割合が高いからこそ、いい気分で仕事がしたい