マルジェラの足袋シューズ #MaisonMargiela

写真拡大

毎日着る服は、いたってシンプル。

だけど、ショップやInstagramで、ふと見かけるデコラティヴなデザインに「かわいい」センサーが発動してしまうのも事実です。

その「かわいい」を、さりげなく毎日のスタイルに取り入れたい。

それなら、足もとに、少しだけ遊び心をオンするのが正解。

トゥがふたつにパックり割れた「メゾン マルジェラ」の足袋ブーツ

究極のシンプル。それでいて遊びゴコロが見え隠れ。それを具現化するのが、「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」の足袋ブーツです。

安定感のあるチャンキーヒールと、脚をすっきりと見せるオーソドックスなシルエット。と思いきや、トゥがふたつにぱっくり割れています。

まるで足袋か、動物の足かのよう。その個性的なデザインに「きゅんっ」とセンサーが働きます。

個性はさりげなく主張する

@neco_sisterがシェアした投稿 -

「足袋」シリーズには、バレエシューズもあります。

バレエシューズといえば、絶対的に品があって、女性らしくて。だけど、ふっと目を足もとにやると、トゥの先が割れてる。このさりげなく主張する感じが好きです。

価格は、9万円ほど。

izumiさん(@_oio37)がシェアした投稿 -

ギンガムチェックのふんわりスカートに、ピンクのソックスがアクセント。

そんなガーリー度満点なコーディネートを足袋バレエで完成させると、大人の余裕をハズシで体現できます。

ボリュームラインのパンツに合わせると、トゥが見えたり見えなかったり。歩くたびにちょこちょこ顔を出す足先に、なんだか愛しさを感じます。

下を向いてしまう日も、そのクスっとくるビジュアルに自然と心が晴れてくるはず。

普段通りにバレエシューズをコーディネートする感覚でセレクトできるので、アイテムとしての使い回し度も高いのがうれしい。

十分存在感があるのに、インパクトが強すぎない。いつもの自分のテイストを崩さずに、ぐんと新鮮に一歩を踏み出せます。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

薄いピンクのサングラス

・働く女子のパワーアイテム。「第2の勝負下着」を身につける #sponsored

・42%がイメチェン失敗。GW明けにリベンジにする人多い