夫婦喧嘩を“長引かせない”ポイントとは?

写真拡大

夫婦生活で避けられない「喧嘩」。もしパートナーと喧嘩をしてしまったら、あなたはどうやって仲直りをしていますか? 今回は、夫婦喧嘩の原因や仲直りの方法について、社会人男女にとったアンケートと、夫婦仲コメンテーター・三松真由美先生のアドバイスを元に紹介します。

■よくある夫婦喧嘩の原因5つ

まずはじめに、よくある夫婦喧嘩の原因について見ていきましょう。既婚男女405名に、よくする夫婦喧嘩のきっかけについて聞いてみました。

◇(1)育児の分担

・「家事の仕方で一方が一方の納得いかないことについて文句を言う」(女性/28歳/医薬品・化粧品/その他)

・「育児の分担について旦那に少しお願いすると嫌そうにする」(女性/27歳/その他/秘書・アシスタント職)

◇(2)妻の態度が悪い

・「奥さんの態度が冷たい。酒飲んで帰ってくるとよくやる」(男性/32歳/自動車関連/技術職)

・「奥さんのイライラが原因になることが多い」(男性/36歳/食品・飲料/事務系専門職)

◇(3)子育て方針のちがい

・「子育ての方針について。ぶれがあるので、その都度喧嘩になります」(女性/38歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもの教育や習い事の意見の食い違い」(女性/39歳/その他/販売職・サービス系)

◇(4)お金について

・「金銭関係のこと。いつも意見が合わない」(男性/27歳/建設・土木/その他)

・「休みの日にひとりで出かける。自分だけ趣味にお金を使う」(女性/32歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

◇(5)ささいな一言で

・「何気ない一言が旦那さんの気に障り、旦那が怒り出す」(女性/39歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「何気なくした発言が聞き捨てならなかったこと」(女性/22歳/小売店/販売職・サービス系)

家事の分担やお金、教育方針のちがいなど……。既婚者なら「あるある!」と共感してしまうものばかりだったのではないでしょうか? いずれも夫婦の意見がぶつかりやすい問題ですよね。そのほか、奥さんのイライラした態度や旦那さんの何気ない発言が夫婦喧嘩のきっかけになることも多いようです。

■夫婦喧嘩の仲直りまでの平均期間

家に帰りづらくなったり、家の雰囲気が悪くなったり……パートナーと喧嘩すると、心も体も落ち着かないものですよね。できれば早めに仲直りしたいものですが、世の中の夫婦は、喧嘩してどのくらいで仲直りしているのでしょうか? マイナビウーマンがとったアンケートによると、ささいな喧嘩の場合、仲直りまでに要する期間でもっとも多かったのは「夫婦喧嘩直後にすぐ仲直りする」で、43.8%でした。ついで2位が「寝て起きたら仲直りしている」で31.3%、3位が「2〜3日後」で18.2%でした。

約75%の夫婦が些細な喧嘩をしても、喧嘩直後が翌日の朝には仲直りしているようですね。長引いたとしてもせいぜい2〜3日のようです。

Q.「些細」な夫婦喧嘩をした際、仲直りにかかる時間は?

1位:夫婦喧嘩直後に仲直りする……(43.8%)
2位:寝て起きたら仲直りする(している)……(31.3%)
3位:2〜3日後……(18.2%)
4位:4〜6日後……(2.0%)
同率4位:1週間程度……(2.0%)
※6位以下は省略

一方、大きな夫婦喧嘩の場合はどうでしょうか。やはり仲直りまでに時間がかかるものなのでしょうか……。結果は意外にも「ささいな喧嘩」のときと同様で「夫婦喧嘩直後にすぐ仲直りする」が28.6%でもっとも多い結果に。次いで「寝て起きたら仲直りしている」(26.1%)、「2〜3日後」(25.6%)という結果になりました。

Q.「大きい」夫婦喧嘩をした際、仲直りにかかる時間は?

1位:夫婦喧嘩直後に仲直りする……(28.6%)
2位:寝て起きたら仲直りする(している)……(26.1%)
3位:2〜3日後……(25.6%)
4位:1週間程度……(9.6%)
5位:4〜6日後……(4.4%)
※6位以下は省略

ただ注目したいのが、「喧嘩直後に仲直りする」「寝て起きたら仲直りする」におけるそれぞれの割合が、些細な喧嘩のときと比べて減少しているということ。そして変わりに「2〜3日後」以上の割合がいずれも微増していることから、大きい喧嘩の場合はささいな喧嘩にくらべ、仲直りにかかる時間が数日増える人もいることがわかりました。

■みんなやってる! 夫婦喧嘩後、仲直りする方法5つ

夫婦喧嘩の仲直りにかかる期間がわかったところで、次に仲直りするためにみなさんが行っている具体的な方法を見ていきましょう。

◇(1)落ち着いて話す

・「落ち着いて相手に話をすること、相手の話を聞くこと」(女性/35歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「落ち着いて、自分の思っていることを伝え合う」(女性/30歳/医療・福祉/専門職)

◇(2)悪くなくても謝る

・「悪くなくても、先に自分から謝る」(女性/34歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「悪くなくても謝り、聞いてもらえる雰囲気を作って冷静に話し合う」(男性/30歳/情報・IT/事務系専門職)

◇(3)おみやげを買う

・「仕事帰りにおみやげを買って帰り、ご機嫌とりをする」(男性/34歳/情報・IT/営業職)

・「仕事帰りにケーキなどの甘いものを買って帰る」(男性/32歳/自動車関連/技術職)

◇(4)家事を手伝う

・「奥さんの言うことを聞く。掃除したり、料理したり」(男性/22歳/情報・IT/技術職)

・「家事を進んで手伝って機嫌をとる」(男性/38歳/電機/技術職)

◇(5)旦那さんの好物を作る

・「翌日の朝はまだお互い機嫌が悪くても、夜に旦那さんの好物の夕食を用意して待っていて、普通の態度で接してあげるとだいたい元に戻れます」(女性/33歳/その他/専門職)

・「夕食に旦那さんの大好物ばかり作った」(女性/23歳/小売店/事務系専門職)

仲直りする方法として多かったのが「冷静に話す」と「早々に謝ってしまうこと」でした。「悪くなくても謝り、聞いてもらえる雰囲気を作って冷静に話し合う」(男性/30歳/情報・IT/事務系専門職)と意見にもあったように、仲直りするにも相手に耳を傾けてもらう必要があります。そのため意地を張らず、自分が悪くなくてもまずは謝ることで相手に歩み寄る人が多いようですね。

言葉にするのが苦手……という人は旦那さんの好きなおかずや料理を作ってあげるのも効果的のようです。ぜひ試してみては。

■夫婦喧嘩を長引かせないポイント&夫婦喧嘩が長引いた際の「仲直り」のコツ

喧嘩の内容によっては、夫婦喧嘩が長引いてしまうこともあるでしょう……。しかしできることならそんな風になりたくないもの。そこで、夫婦喧嘩を長引かせないためのポイントや、長引いてしまった際の仲直りのコツについて、夫婦仲コメンテーター・三松まゆみ先生にアドバイスを教えてもらいました。

◇夫婦喧嘩を長引かせないポイント

☆(1)100%相手が悪いのか、原点に戻って考える

相手が家事をしない、夫婦のルールを守らない、むかつく言動をする……など、喧嘩には必ず原因がありますが、どちらか一方が悪いということは“まれ”です。なぜ相手がそんな言動をとったのかを考えると、大体の喧嘩において少なからず自分にも非があることに気づくものです。そのため1%でも「自分に非があるな」と思うならば、まずそこを謝りましょう。

人間は、正義を振りかざして攻撃してくる相手に対し、自分の非を認めたくないと思う生き物です。一方、「柔」で接してくる相手には「柔」の感情が生まれます。その原理を理解し、「怒」VS「怒」の不毛な喧嘩を避けましょう。

☆(2)男性は論理的、建設的な会話でなくなると黙るものと知っておく

喧嘩の際、「夫が黙る」「夫が無視を決め込む」ことで、妻側が「逃げた!」とさらにヒートアップする……のはよくあるパターンですが、男性のこの行動は喧嘩から逃げているのではなく、「感情的に怒る相手と話しても無駄」と論理的に考えた結果だと言う事を覚えておきましょう。喧嘩の最中、夫が黙り込んでしまったら、あなたの主張が建設的でなくなっている可能性があります。そのときはまず冷静になること。罵り合いではなく建設的な話し合いができるようクールダウンしましょう。

☆(3)「喧嘩した時は2日でやめよう」というルールを作っておく

新婚カップルに必ずアドバイスしているのが、「喧嘩時のルール」を作っておくことです。あらかじめ「喧嘩した時は2日でやめよう」といったルールを作っておくことで、仲直りのきっかカが見つからないときでも「2日経ったから……」と切り出すことができます。

◇そろそろ仲直りしたい! 夫婦喧嘩が長引いた際の「仲直り」のコツ

☆(1)LINEより自筆の伝言

新婚カップルの場合、絵文字やスタンプで「反省の気持ち」や「仲直りしたい気持ち」を伝える方法でOKですが、結婚2年以上経つカップルの場合、心を込めて「文字で謝る」方法がおすすめです。かわいいカードに書くもよし、キッチンにあるホワイトボードに書くもよし。自筆で書くことで誠意が伝わり、どんな男性も心が和らぎます。

☆(2)外に誘い出す

夫婦喧嘩はだいたいリビングで開始されるので、喧嘩が長引くと家の中が「喧嘩のステージ」になっていきます。そこで3日以上険悪モードが続いている場合、相手を外に連れ出し環境を変えましょう。雰囲気のいいカフェ、ファミレスの○○フェア、テラス席があるファーストフード店など。もちろん公園や神社の散歩でもOKです。

外の空気を吸えば、喧嘩とは関係のない話題も自然と出てくるでしょう。そうして始まった会話が続カばしめたもの。タイミングを見て「仲直りしたい」気持ちと「謝罪の気持ち」を伝えましょう。仲直りのコツは「100%相手のせいにしない」ことがポイントです。

■まとめ

夫婦喧嘩の原因と仲直りの方法について紹介してきました。いかがでしたか? どんなに仲のいい夫婦でも意見が衝突するときはあるでしょう。そんなときのために、喧嘩に関するルールを決めておカば仲直りのきっかカに困らないはず! ぜひこちらで紹介した内容を参考に、夫婦喧嘩を乗り越えてくださいね。

(監修/三松真由美、文/ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時2017年4月11日〜2017年4月13日
調査人数:405人(22歳〜39歳の既婚男女)