2017年秋にリリースが予定されているiPhone8を想定したケースが早くも登場しています。

やはりTouch IDは背面ではなく埋め込み?

ケース画像を公開したのは、Apple製品についての数々のリーク情報で知られる@KK低調です。
 
これまでに観測されているリーク情報どおり、iPhone8のデュアルカメラはVR/AR(仮想現実/拡張現実)ヘッドセットを想定してか、従来の横向きではなく縦向きとなっています。
 

 
また、ケースには背面に配置されるとも言われているTouch ID用の穴が見当たりません。Touch IDは技術的な問題からディスプレイに埋め込まれず、Galaxy S8のように背面へ移動するとも言われていました。ただし、先日公開されたiPhone8のものとされる設計図には、Touch IDに関する内容が背面に掲載されていません。
 
KK低調は、中国SNSの微博上で「(iPhone8の)外見には疑念を抱いていない」と述べており、仮にこの画像通りになるとすれば、デュアルカメラは縦向き、Touch IDはホームボタン同様、ディスプレイに埋め込みとなります。
 
 
Source:Twitter,微博-KK低調
Photo:微博-CDSQ
(kihachi)