出典:https://www.shutterstock.com

カラダ目当ての男性には、てんで手を焼いてしまいますよね。

下心でしか興味を示さず、恋愛とは名ばかりの性欲処理を目的とした関係性しか築くことができないのですから、同じ穴の狢でない限り、相手にするだけ時間の無駄かもしれません。

NOと言えないタイプの女性は、それを理解しながらも、どこか期待を込めて受け入れてしまうのでは?

カラダ目当ての男性を上手くかわす術を身に付け、時間の浪費をしないようにしましょう。

 

■結婚や子供が欲しいことを示唆する

上手な方法かはわかりませんが、カラダ目当ての男性に有効に働くかわし文句は、結婚や子供が欲しいことを示唆することです。

「年齢的に、もうそろそろかなって思っている。」「子供って可愛いよね。最近凄く思うんだ。」

そんなことを言われれば、カラダ目当ての男性は、そそくさと尻尾を巻いて逃げる他なくなってしまいます。

面倒くさい展開や問題を事前に回避するため、カラダ目的と言えど、細心の注意を払い相手を選んでいるのですから、関わりたくないと思うは明らかです。

結婚や子供が欲しいことを示唆すると、「面倒くさい女」「面白くない女」と思い、楽しみたいだけの男性は、とっとと逃げてくれます。

 

■試練を与える!かぐや姫戦法

有名な『かぐや姫』のお話しは、誰もがご存知ですよね。

求婚を望む男性達に試練を与えるくだりを思い出していただければ、お分かり頂けると思いますが、それこそが、かぐや姫戦法なのです。

カラダ目当ての男性がたとえ一人でも、一人に対し三つほどの試練を与えてやれば、カラダ目当ての男性なら、試練を一つとして乗り越えることなく、二度と近づいてこないでしょう。

人にもよりますが、カラダ目当ての男性は、同じ女性を長く誘うことをしません。定期的に誘うことはあっても、熱を上げて一人の女性を誘い続ける行為は、カラダ目当てではなく、明らかな好意からくる求愛行動だからです。

ただ、不倫などの都合の良い関係を築きたいと願っている身近な男性なら、試練を乗り越え、あたかも真心を尽くしていると思わせようとするかもしれませんが、軽い出会いの相手ならば、試練を乗り越えてまで求愛する意味もやる気もないために、引き下がってくれると思いますよ。

 

下心があろうとも、それは恋心には変わりはありません。

ただ、明らかにやり逃げをしそうと思われる相手や、都合の良い関係を築こうと思っている相手であれば、流されることなく、上手くかわし、どこかで自分を律すのも必要なのかもしれませんね。

結局、相手がどんな人でも、受け入れてしまったのならば、あなたも同類とみなされてしまいますよ。

上手くかわして、望まない恋は回避する方が、ベターではないでしょうか。

【画像】

※  Julia Velychko/shutterstock

【関連記事】

※ もうたまんねぇ〜!ベッドで「いい女」になるためのポイントアドバイス

※ ヤりたいだけ?デート中に「カラダ目当て」かどうかを見抜く方法

※ 騙されないで!「カラダ目当て」の男を見抜くポイント

※ その優しさは見せかけ?男性が「カラダ目当ての女性」に取りがちな行動

※ 男が「カラダ目当ての女子」には求めて「本命彼女」には求めない条件

※ ノリがいいのは逆効果?男子が「軽い女」認定するポイント3つ