1万円を切るホームタブレット!ネットからゲーム、動画、コミックまでコレ1台で完結できるワケとは

写真拡大 (全3枚)

タブレットは、大画面スマホや軽量薄型ノートなどに追われて、人気も下がり気味だ。
しかし、そんなときだからこそ、販売価格も下がり、コストパフォーマンスのよいオトクなタブレットを手に入れる絶好のチャンスでもあるのだ。

BLUEDOTが発売した9,980円のタブレット「BNT-791W(2G)」も、家庭で使うホームタブレットとしては、かなりコスパの良いタブレットだ。

本製品は、1万円を切る価格のWi-Fiモデル。
無線LANを利用して、Web閲覧や通販、ゲーム、動画視聴、コミックに至るまで、家庭で利用するのに最適なタブレットだ。

また、1万円を切る価格ながら、2GBの本体メモリ-を搭載しており、無線LANを知用してゲームも、動画視聴も十分に利用できる。もちろん、ニュースサイトや通販サイト、宿泊予約サイト、クックパッドなどのレシピサイトの利用も問題ない。

■ゲームや動画配信が楽しめる1台
ゲームや動画配信を楽しむためには、それらが快適に動作するたけの基本性能が必要となる。
本製品は9,980円という低価格ながら、CPUはMT8163(ARM Cortex-A53 64ビット 1.3GHz クアッドコアプロセッサ)、メインメモリーは2GB(DDRIII)、ストレージは16GBを搭載する。
これなら、ゲーム、動画配信の視聴、コミックなどの電子書籍を楽しむにも不自由はない。

とくに電子書籍の場合、画面が狭いと、文字が読みづらい傾向にある。本製品の画面は7.9インチで、スマートフォンよりも遥かに広い画面であるし、4:3の縦横比なので、画面が見やすく、文字が読みやすい。

本体のストレージは16GBと小さめだが、記憶容量が足りなくなれば、別売りのmicroSDカードを利用してストレージ容量を増やすこともできるので、安心だ。




OSはAndroid 6.0を採用しているため、Google Playで公開されているゲームやアプリを入手して楽しむことができる。

特に注目なのが、1万円を切るモデルありながら、GPSとHDMI端子を搭載している点だ。
GPS搭載なので、地図アプリやGPSを利用したゲームも楽しめるというわけだ。

またHDMI端子も搭載しているため、家庭用テレビに画面を出力できるので、テレビで写真や動画、ゲームを楽しむこともできるだろう。

本体サイズは195.7幅×137.2高×9.1厚mm。重さは約337g(内蔵バッテリーを含む)。
なかなかコンパクトで軽量に作られている。




本製品は9,980円という低価格ながら、ゲーム、動画配信の視聴、コミックなどの電子書籍、ネット活用が、コレ1台で完結できるので、子供用にもリビング用にも適したコスパの良いタブレットといえるだろう。


ITライフハック 関口哲司