【新潟vs柏プレビュー】新潟は26日のルヴァン杯で新加入3選手が公式戦デビュー…柏はリーグ戦の連勝を伸ばせるか

写真拡大

■アルビレックス新潟 今シーズン新加入の3選手が26日のルヴァン杯・横浜M戦で活躍

【プラス材料】
 26日のルヴァン杯・横浜FM戦でジャン・パトリック、森俊介、河田篤秀という、今シーズン新加入した3選手が公式戦デビューを果たした。先発したボランチのジャン・パトリックは、ペナルティー・エリアまで駆け上がって鈴木武蔵のクロスに合わせて先制ゴールをマーク。攻撃的なスタイルを印象付けている。また途中出場の森は右サイドから仕掛けるドリブルとクロス、河田は高いシュート意識と、限られた時間ながら特徴を見せた。3人ともリーグ戦はここまでメンバーに入っていないが、柏戦に向けてのアピールとなったか。

 勝ち点を重ねられない苦しい状況が続くが、流れを変えるための選択肢は増えつつある。

【マイナス材料】
 リーグ前節・FC東京戦は3失点、ルヴァン杯・横浜FM戦は4失点と、大量に失点して公式戦で連敗している。横浜FM戦はターンオーバーしたとはいえ、『良い守備を良い攻撃につなげる』というチームのベースが揺らいでいるのは事実。ブロックを組む、ボールを奪いに行くという守備の共通理解をいま一度整理して臨まなければ、強力なアタッカーを擁する柏の攻めに苦しむことになるだろう。

 ベテランの富澤清太郎は、「たとえば試合の入り方が良くても、90分ずっと自分たちのリズムというわけにはいかない。悪い時をいかに平然とプレーし、何事もなかったかのようにやり過ごせるか」と、一人一人がもっと試合を読む力を身に付ける必要があると訴える。

文:totoONE編集部

■柏レイソル けが人が戻ったことで選手層に厚みが

【プラス材料】
 前節は横浜FMを相手にリーグ戦ホーム初勝利を挙げると同時に、今季初の連勝を飾った。

 一時期の不調を脱し、柏が調子を取り戻してきた要因は守備の安定にある。前節も日本屈指のドリブラー齋藤学を、マッチアップした小池龍太が完璧に封じ、チームとしても危なげない試合運びで、今季リーグ2度目の無失点勝利を挙げた。

 また、横浜FM戦では、開幕戦の鳥栖戦で腰を負傷し、その後6試合連続で欠場が続いていたハモン・ロペスと、練習中に足を痛め、第7節の神戸戦を回避したD・オリヴェイラが揃って復帰を果たした。さらに武富孝介、古賀太陽もすでに全体合流しており、ここにきてけが人が一気に戦列に戻ったことで陣容は整いつつある。

【マイナス材料】
 良い守備は良い攻撃へとつながり、リーグ前節も2点を奪った。ただ、クリスティアーノ、D・オリヴェイラと、攻撃を牽引する2人の外国籍選手が、ともにPKによる2得点ずつしか挙げておらず、流れの中ではチャンスを逸する場面が目立つ点は少々気がかりだ。

 今節は新潟との対戦となるが、柏にとってビッグスワンは鬼門のひとつ。2014年はアウェイ新潟戦を2−0で勝利しているものの、これは大雪のためカシマスタジアムでの代替え開催であり、ビッグスワンで最後に勝利したのは2011年まで遡らなければならない。しかも2013年と2015年はリードを奪いながらも逆転負けを喫し、昨年は勝利目前まで迫ったが、後半アディショナルタイムに同点弾を浴びるなど、柏にとっては“痛恨”とも言える展開ばかりである。

文:鈴木潤