<おなじみのプリンセスが21世紀版に変身。斬新な設定と俳優陣が魅力的な話題作>

ケネス・ブラナー監督の美しい実写版『シンデレラ』、CGを見事に駆使したジョン・ファブロー監督の『ジャングル・ブック』......。2年前から、古典的名作を現代の子供向けによみがえらせてきたディズニーの最新の成果が『美女と野獣』だ。

ビル・コンドンが監督した本作は、91年の長編アニメ『美女と野獣』の実写版リメーク。主人公のベル(エマ・ワトソン)は、田舎町に住む芸術家モーリス(ケビン・クライン)の一人娘だ。外の世界を知りたいと思いながらも、妻を亡くした父親のために家にとどまり、読書や空想にふけっている。

父親が野獣(ダン・スティーブンス)の城に閉じ込められたと知ったベルは、助け出そうと城に向かい、身代わりとして死ぬまで野獣の下で暮らすと約束する。野獣はかつてハンサムな王子だったが、傲慢さのせいで魔女に呪いをかけられた。

王子を野獣に、召し使いたちを家具や食器に変えてしまった呪いが解けるのは、野獣姿の王子が誰かを真に愛し、相手にも愛されたときだけ。しかも魔法のバラの花びらが全て散る前にその誰かが現れなければ、呪いは永遠に解けなくなる。

本作の衝撃は、ディズニーの定番のプリンセスの1人を21世紀版にアップグレードしたことだ。ベルはもはや「捕らわれの乙女」ではない。恐怖に震えて助けを待つ代わりに、シーツでロープを作って窓から逃げ出そうとしたりもする。

ベルのフェミニスト的性格はあちこちに感じられる。父親には「強情」と言われるし、自分の知性に見合わない退屈な結婚で妥協しようとせず、町の人気者だが頭の鈍いガストン(ルーク・エバンス)の求婚を断る。

【参考記事】21世紀版『美女と野獣』で描かれる現代の女性像

控えめ過ぎるゲイの描写

本作を見る世界中の少女にとって、強く賢いヒロイン像は大きなエールになるだろう。とはいえ、もう1つの社会的少数派の描き方はいまいちだ。

『美女と野獣』は、ゲイ専門誌アティテュードによって、ゲイの主要キャラクターが登場する初のディズニー映画と称賛された。ガストンの子分、ル・フウ(ジョシュ・ギャッド)だ。

同性愛者らしき登場人物は、執事で置き時計のコグスワース(イアン・マッケラン)など、ほかにもいる。だが彼らの性的志向は、やんわりとほのめかされるだけ。保守派の顔色をうかがった感じがするし、子供は見ていても気付かないだろう。

[2017.5. 9号掲載]

トゥファエル・アフメド