EXO元メンバータオ、SMとの訴訟で敗訴…SM側が公式コメント

写真拡大

EXOの元メンバータオがSMエンターテインメントを相手取った訴訟で敗訴した。

SMは28日、公式報道資料を通じて「2017年4月28日、ソウル中央地裁は、タオがSMエンターテインメントを相手取って提起した専属契約効力の不存在確認訴訟で、原告(タオ) 敗訴の判決を言い渡しました。そのためタオの請求は全て棄却されました」と伝えた。

続いて「SMは韓流と韓国文化産業のグローバル化のトップランナーとして、今回裁判所の判決を歓迎し、今後中国及びアジア市場でより活発にビジネスを繰り広げていきます」とした。

最後に「また今回の判決をもとに、芸能産業全般において契約と信義を守る、公正な慣行が早いうちに定着することを願い、韓国と中国及びアジアの芸能産業がより透明に発展することを期待します」と強調した。

この日、ソウル中央地裁民事合意42部は28日、タオがSMを相手取って提起した専属契約効力の不存在確認訴訟を棄却し、SM勝訴の判決を下した。

タオは2015年8月、所属事務所であるSMエンターテインメントを相手取って専属契約効力の不存在確認訴訟を提起、その後1年8ヶ月にわたって計9回の弁論期日が行われた。

これに先立ってタオと共にEXOから離脱したクリスとルハンも、専属契約効力の不存在確認訴訟を提起した。これは昨年7月に和解に至り、クリスとルハンはSMと締結した専属契約が、契約通り2022年まで有効に存続することになった。

SMエンターテインメント、EXO元メンバータオ側の訴訟棄却に対して「直ちに控訴する予定」

SM vs EXO クリス&ルハン&タオ、続く対立…14件の訴訟を提起

“EXO離脱”タオ、SMとの訴訟に「勝つ自信がある」…中国でのインタビュー内容が話題に

【公式コメント全文】

こんにちは。SMエンターテインメントです。

2017年4月28日、ソウル中央地裁は、タオがSMエンターテインメントを相手取って提起した専属契約効力の不存在確認訴訟で、原告(タオ) 敗訴の判決を言い渡しました。それを受け、タオの請求は全て棄却されました。

SMは韓流と韓国文化産業のグローバル化のトップランナーとして今回裁判所の判決を歓迎し、今後中国及びアジア市場でより活発にビジネスを繰り広げていきます。また今回の判決をもとに、芸能産業の全般において、契約と信義を守る公正な慣行が早いうちに定着することを願い、韓国と中国及びアジアの芸能産業がより透明に発展することを期待します。