ヘイリー・スタインフェルド、ライアン・テダーがプロデュースを手掛けた新曲をリリース

写真拡大

 2016年にミニ・アルバム『ヘイズ』で日本デビューを果たしたヘイリー・スタインフェルドが、新曲「モスト・ガールズ」をリリースした。

 「スターヴィングfeat.ゼッド」では、全米&全英iTunes シングル・チャートTOP10入りを果たしたヘイリー・スタインフェルド。そんな彼女の新曲をプロデュースしたのは、テイラー・スウィフト、マルーン5、エリー・ゴールディングなどのヒット曲を手掛けるライアン・テダー。昨年末に二十歳を迎え、楽曲も大人びた雰囲気が出ている1曲となっている。

 なお日本では、等身大の愛すべき17歳像を演じ、【第74回ゴールデングローブ賞】<主演女優賞>にノミネートされた青春映画『スウィート17モンスター』が絶賛公開中。公開を記念して、“コップのフチ子”とのコラボ・フィギュアも限定制作されている。


◎「モスト・ガールズ」音源
https://youtu.be/6mTqqloMDjI

◎リリース情報
「モスト・ガールズ」
ヘイリー・スタインフェルド
2017/4/28 RELEASE
https://umj.lnk.to/HS_mgPR