ドコモは27日、「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランに月額980円で家族通話が無料の「シンプルプラン」を提供すると発表した。

 同時にパケットパックに大容量の「ウルトラシェアパック30」の追加と、「シェアパック」の分割請求の対象者を指定できる機能や、シェアグループの子回線に利用データ量の上限を設定できる機能の追加も発表した。

 「シンプルプラン」は、「シェアパック」の契約者で、家族通話を中心に利用する利用者向けの基本プラン。シェアグループ子回線で、spモード利用料やシェアオプション定額料も含めて月額1,780円から利用できるようになる。

 「ウルトラシェアパック30」は、30GBをシェアグループ内の回線で分け合える月額13,500円パケットパック。シェアグループの契約回線の中から、自由に分割請求対象回線を指定できる機能を提供する。また、シェアグループの代表回線が、子回線に対して利用データ量の上限を設定できる機能も提供する。

 法人顧客にも同一法人間などの通話が無料となる「シンプルプラン」、毎月30GBのデータ量を分け合える「ウルトラビジネスシェアパック30」「シェアパック分割請求オプション」の機能拡充、子回線に対する利用データ量の上限設定機能を提供する。