ツアー初Vへ大きく前進!今平周吾が単独首位をがっちりキープ(撮影:村上航)

写真拡大

<中日クラウンズ 2日目◇28日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
国内男子ツアー「中日クラウンズ」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、今平周吾が5バーディ・1ボギーの“66”でラウンドし、トータル10アンダー単独首位で大会を折り返している。
5年ぶりの“AO”共演!これが見納めに…?
2打差2位タイに宮里優作、谷口徹、3打差4位タイに香妻陣一朗、I・H・ホ(韓国)が続いている。
5年ぶりの“AO”同組となった青木功と尾崎将司は、それぞれトータル22オーバー104位、トータル21オーバー103位でフィニッシュ。決勝ラウンド進出とはならなかった。
また、青木、尾崎と同組で回った20歳・星野陸也は2オーバー50位タイで予選ラウンドを突破。昨年覇者のキム・キョンテ(韓国)は1ストローク伸ばしたものの、初日の出遅れが響きトータル4オーバー65位タイでフィニッシュ。カットラインに1打届かず2日間で姿を消すことになった。
【2日目までの順位】
1位:今平周吾(-10)
2位T:宮里優作(-8)
2位T:谷口徹(-8)
4位T:香妻陣一朗(-7)
4位T:I・H・ホ(-7)
6位T:藤本佳則(-6)
6位T:武藤俊憲(-6)
6位T:小林正則(-6)
6位T:タンヤゴーン・クロンパ(-6)
50位T:星野陸也(+2)他
CUT:尾崎将司
CUT:青木功
CUT:キム・キョンテ

<ゴルフ情報ALBA.Net>

青木功、ジャンボと同組で「元気にやってるのを見せれて良かった」
若手の前でズルズルと…尾崎将司は初日“83”で「屈辱の限り」
クラブ変更にスイング改造、今平周吾は今季こそ「絶対に勝ちたい」
米男子タッグ戦の初日 松山英樹&谷原秀人の順位は?
ヤマハゴルフ 新規契約プロたちが決断に至った理由とは?