42%がイメチェン失敗。GW明けにリベンジにする人多い

写真拡大

年度が変わるたび、新しい自分になろうと決意します。

でも、いつの間にか、いつもの自分に逆戻り。

そんな新年度デビューの失敗経験を持つ人は、私だけではなかったようです。

75%が「デビューしようとしたことがある」と回答

「ロート製薬」が、社会人5年目までのOL500人を対象におこなったアンケートによると、「デビューをしようと思ったことがある?」という質問に、75%が「ある」と回答しています。

一方、デビューしようとしたけれど、すぐやめてしまった、周囲に気づいてもらえなかった、結局実行できなかったなど、思うようにイメージチェンジできなかった「デビュー不発組」は、42%という結果に。

不発に終わった理由は、

・2年目になるとき、髪を染めてカラコンにしようとしたが、後輩の教育や異動が重なり不発となった。

・つけまつげとカラコンをしてみたが、ナチュラルさを重視しすぎたためにあまり変わらず、結局面倒くさくなってやめた。

・もっと女の子らしい服装に変えようとしたが、自分のキャラに合わないんじゃないかと思い実行できなかった。

など、現実の生活や本来の自分を無理して変えようとすると、長続きしないようです。

デビューが不発に...。リベンジは長期休み後を狙う

また、「年度初めのデビューが不発に終わってしまった場合、リベンジするのはいつ?」と聞いてみると以下のような結果になりました。

1位:ゴールデンウィーク明け(50%)

2位:お盆休み明け(26%)

上司や同僚など毎日顔を合わせている人と、しばらく会わない期間を利用してイメージチェンジを狙う。この作戦には共感です!

おもしろいのが、「ゴールデンウィーク明け」派は、「お盆休み明け」派より約2倍も多いこと。たしかに、デビューリベンジしたいのなら早めに行動しないと、そのうち「今年は(も)もう、いっか」モードになってしまいそうなので納得です。

変わりたい気持ちさえあれば、いつでも変われる

アンケート調査を見てわかったのは、みんな「こんな自分になりたい」という理想を持っていて、それに向かって行動したい、と思っているということ。

変わりたいと思ったら、年齢に関係なく、いつだって変わるチャンスはあります。もし不発に終わっても、それはタイミングや方法がいまの自分に合わなかっただけ。

自分が心から変化を楽しめることは何か──。その答えを探すだけでも、すでに新しい自分への変化がはじまっています。

ロート製薬

撮影/出川光

こちらも読まれています

・女子の鼻の下のうぶ毛。男子も気にしてた

・自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored

・あなたのパワーアイテムは何ですか? 東京女子6人に聞いた #sponsored