昨年11月から右肘痛の再発のため休養していた国枝慎吾(ユニクロ)が、コートに帰ってきた。4月20日に兵庫県三木市で開幕した「ダンロップ神戸オープン」で復帰。シングルスで初戦から決勝まで1セットも落とさず見事優勝を果たした。しかし、本人は「まだ20〜30点」。リスタートを切った国枝に、休養中の心境や今後のビジョンを聞いた。


リオパラ以降の休養期間を経て、復帰戦を優勝で飾った国枝慎吾選手―― リオパラリンピック以来の実戦となりました。初戦から決勝まで4試合を戦った感想は?

国枝慎吾(以下、国枝)肘の状態を見ながらでしたが、初日と比べると少しずつよくなってきました。夜は眠りが浅くなったり、練習じゃ得られない緊張感を久しぶりに味わいました。課題もわかりましたし、5月のジャパンオープン(福岡)を前に眞田(卓)選手とも戦えてよかったです。

―― 復帰を決めたタイミングとその理由は?

国枝 出場を決めたのは大会の前週くらいです。週に1回1時間から始めた練習が、ようやく4月に入ってから週5日3時間という通常の練習量までやれるようになった。それで、シングルスだけなら大丈夫かなと思ってエントリーしました。

―― 肘の回復状況は?

国枝 リオの時は注射などさまざまな処置をして臨みました。その後、11月に痛みが再発し、出場予定だった世界マスターズもドタキャンして。結局ドクターのアドバイスもあって、休養することにしました。その間、肘に負担をかけない体幹や柔軟系のトレーニングはしていましたが、車椅子も日常車は漕ぐけどテニス車は全然。多くの時間を自宅でリラックスして過ごしました。練習を再開したのは2月の下旬くらいからです。70%くらいの空気圧のボールで慣らすところから始めました。うまくいかないのは当たり前ですし、それよりテニスを楽しめる感じがして、ワクワクはしましたよね。

―― そういう心境になるまでが長かったのではないでしょうか。

国枝 リオの後は、自分でもう今はテニスがやれない状態だとわかっていたので、正直言ってテニスにあまり関わりたくなかったんです。見るのも嫌だった。長く離れていると、もしかしたら復帰できないかもしれないとか考えるので、1月末くらいまではやる気が起きなかったです。それを考えると、今のところ順調に来ていると思います。こうやって大会に出て優勝できたのはもう十分過ぎることだし。あとはここから完成度を高めていくことが必要なので、とりあえずはスタートラインに立ったかなという感じがします。

―― 新たなフォームに取り組んでいますね。

国枝 今まで通りのテニスをしていたら衝撃が肘に来てしまう。だから、一番肘に負担がかからないフォームを追求しているところです。2月に練習を再開してから、ようやく海外勢などのプレーを直視できるようになったので、どの打ち方が一番負担がかからないのかを映像で研究したりしています。試合になるとつい昔のフォームに戻ってしまうことがあるので、「新しいスイングでやるんだぞ」って1ポイントずつ戒めながらやっています。ただ、「どこに打つか」じゃなくて「どう打つか」を考えちゃうので、そこはやっぱりテニスをするうえでロスになっていますよね。

―― 用具類はどんな工夫を?

国枝 ラケットやガットのテンションを変えたり、身体のバランスの安定性を求めて、脚の外側が当たるテニス車の部分に長さを出したり、いろいろお試し中です。今は本当に1週間ごとに新しい自分の打点が出てくる感じですね。ただ、もう1回痛みがぶり返しちゃうと、メンタル的にキツイところがある。そこだけ細心の注意を払って、1日1日を無事に過ごすということを、ここ3週間くらいは感じているところですね。

―― 新たな自分の発見を喜ぶのか、乗り越えるという気持ちが強いのか、どちらでしょう?

国枝 両方ですね。何かを改造するということは、やっぱりやりがいがありますし、打球の質が違うというのは楽しみなところですね。1年半くらいこの肘の問題を抱えているので、間違った打ち方をすると痛みが出るかもという怖さはありますが、こうやって打法を変えたりすることで十分改善できる。ここ1カ月くらいは、その手ごたえを感じています。

―― 復帰プランのここまでの感触は?

国枝 いいスタートが切れたと思います。今は、例えば「100m走で5mくらいまでとりあえずつまずかずに走れたな」という感じです。そんなに焦ってはなくて、8月くらいに本調子になってくるといいかなと。最終的に12月あたりに「何ともないです」と言える状態ならいいんじゃないかなと思っています。1年間を元気よく戦う、まずはそこが目標かな。

―― 大きなゴールは2020年東京パラリンピックだと思いますが、いま目の前にあるチャレンジを支えているものは何ですか?

国枝 パラリンピックの選手として東京は価値があるけれど、テニス選手としてはグランドスラムに出たい気持ちが強いです。33歳なので、1年1年が勝負の年になってくる。東京パラまでは3年。ゆっくり構えられるところはあっていいんですが、モチベーションとしては遠すぎる。そういう意味では、グランドスラムに復帰したいという気持ちの方がモチベーションとしては強いです。

―― どの大会をイメージしていますか?

国枝 全米オープンを視野に入れていますが、まあ今大会の出来を見るとなかなか……。もしかすると、どこかでハッと気づきがあって、コツを掴む可能性も十分あるだろうし、一方でベストフォームに戻るまでにまた長くなるかもしれないなというのもあるし。「うわー、自分強いな!」って思える瞬間がいつになるかはまだ読めないところはあります。自分の中の理想とするフォームのビジョンはありますけどね。

―― グランドスラムの前哨戦になりそうなのが、5月のジャパンオープンです。とくに男子は世界ランキング1〜8位まで全員がエントリーしています(グランドスラムの車いすの部は8選手のみが出場)。

国枝 そうなんですよね。「なんだよ、俺が(世界ランク)11位のときに限って来るのかよ!」って(笑)。いつも多くて5人くらいなのに、「どうした!? 国枝つぶしか」って感じですよね(笑)。

―― 世界の勢力図を客観的に見られるようになって、何を感じますか?

国枝 そうですね、やっぱり(ゴードン・)リード、(ヨアキム・)ジェラード、アルフィー(・ヒューイット)、グスタボ(・フェルナンデス)の4人がやっぱり実力的には上がっていると思います。一番注目しているのは、リード。間違いなく一番いいテニスをしています。数年前は若さゆえの粗削り感がありましたが、エラーも減ってきています。ボールの伸びと、流れのある動きもいい。ネットで仕留めるという形が一番うまい選手だと思います。消耗も少ないと思いますし、一番楽に打っているように見える。そのへんが理想的ですね。

―― 男子の世界のトップ8はほぼ固定の状況。そこに入っていく可能性は。

国枝 今は誰が勝ってもおかしくないような状態になっているので、逆にチャンスは十分あると思っています。1年半くらい前は、僕がカモにしていた人たちばっかりなので、そのへんはある意味、復帰して自分がどれだけいい状態だったらできるのかを見つけたいと思いますね。まぁ、首を洗って待っとけ、っていうところですかね(笑)。 いや、ビックマウスはまだ早いか(笑)。

■パラスポーツ 記事一覧>>