写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは27日、「X1」をベースにした限定車「X1 sDrive18i ファッショニスタ」を全国のBMW正規ディーラーにて発売した。18インチアルミホイールをはじめ、内外装の装備を充実させている。

「X1」は2010年にSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)として発売され、スポーティで力強いスタイリングや開放感のある室内空間などが好評を博している。今回発売された特別限定車は、「X1 sDrive18i スタンダード」をベースに数々の装備を追加した。

ボディカラーには「ミネラル・ホワイト」を採用し、18インチのアロイ・ホイールを装着。内装には専用となる華やかなキャンベラベージュ・センサテック・レザー・シートを採用し、上質感を高めている。荷物で両手がふさがった状態でも足もとの操作でテールゲートの自動開閉が可能なオートマチック・テールゲート・オペレーション、オートエアコン、電動フロントシート、先行車との車間距離を維持しながら自動で加減速を行うアクティブ・クルーズ・コントロールも装備した。

「X1 sDrive18i ファッショニスタ」の価格は467万円(税込)。270台限定で販売される。

(山津正明)