ウワサ:「次期iPhoneはワイヤレス充電」説を強める内部図が見つかる。前面カメラはデュアルレンズに?
今回も様々なウワサ情報が出てきている次期iPhoneですが、ここへ来て設計図と思しき画像が公開され、有力な噂となりつつある「ワイヤレス充電機能内蔵」の可能性がさらに高まりました。

これが投稿されたのは、中国の大手ソーシャルメディアである微博(ウェイボー)。今回の情報の特徴は、これまで見つかっている画像が図のみであったのに対し、「各部の解説テキストが付いている」ということと、外装パーツについて詳細に書かれていること。上の画像は、さらに海外アップル情報サイトのiClarifiedが英文を付けたものです。なお、この画像が出回った直前にも、様々なガジェットのリーク情報で知られるTwitterアカウント @OnLeaks がiPhoneと思われる画像を公開しています。この時点でも「デバイスの背面にある円形パーツ」はワイヤレス充電用の部品ではないかと推測されていました。

今回の画像では該当部分が「Qi Wiress Charing Coil」(Qiワイヤレス充電コイル)と書かれており、ワイヤレス充電対応という解釈を後押しする形となっています。
なお、次期iPhoneの充電方式については、一時期IPad Pro的なスマートコネクタを使うとの噂も流れましたが、こちらに関してはその後に続く追加情報はなし。

同社のアップルウォッチの充電器が(仕様の上では)ワイヤレス充電規格『Qi』に準拠していることもあり、今のところQi方式が有力な説となっている情勢です。

そのほかにこの画像から確認できる注目点は、まず背面にTouch ID用の穴がないということ。これは「前面のOLEDディスプレイの下にTouch IDが埋め込まれる」という噂を補強するものとなりそうです。

そして前面にある4つの穴は、説明によればデュアルレンズカメラおよび光距離センサ×2基とされています。これらはやはりウワサとなっている「虹彩スキャナーないし顔認証技術による、顔(ないし目)を使った画面ロック解除」や、拡張現実系アプリに応用できるものと考えられます。

さらに今回の画像は、先日Benjamin Geskin氏が公開した次期iPhoneのダミーモデルの写真や外形図と矛盾するところがなさそうな点もポイント。
もちろんまだまだウワサのレベルではありますが、こうした複数ソースからの状況証拠を比較すると、互いに信憑性を強め合っている印象もあります。

この秋に登場すると噂される次期iPhoneですが、秋発表とすれば、現状はそろそろ量産が進んでいく時期でもあります。こちらに関してはこれから、より多くの情報が見られるかもしれません。