画像

写真拡大 (全3枚)

 MJIは自社開発したロボット「Tapia」をヤフーの提供するIoTプラットフォーム「myThings」と連携させることを発表した。同ロボットをmyThings内の「LOHACO」チャンネルと接続させることで、ショッピング機能や、天気・防災情報を伝える機能を搭載する予定。

 MJIは自社開発したコミュニケーションロボット「Tapia(以下、タピア)」を、ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」と連携させることを発表した。

 MJIは、ヤフーが提供する「myThings Developers」を活用し、myThings内の「LOHACO」チャンネルと連携することで、ショッピング機能や天気や防災情報を伝える機能を、タピアに搭載していく予定。
タピアによるショッピングイメージ

 タピアは、カメラ・スピーカー・マイク・タッチパネルモニタを搭載し、バッテリーを内蔵した高さ約25cmの持ち運べる家庭用コミュニケーションロボット。音声認識、音声合成、顔認識機能を持ち、クラウド上の応答システムを活用することで人間と日常会話を交わすことができる。

 ヤフーが提供するmyThingsは、様々なウェブサービス・IoTプロダクトをつなげるサービスプラットフォームだ。myThings Developersは、独自のサービスを提供したい事業者や個人開発者がmyThingsプラットフォームを活用するためのツールとなっている。

MarkeZine編集部[著]