写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは4月27日、2017年5月10日に、dポイントクラブ会員を対象として、現在保有している「ドコモポイント」を「dポイント」に自動移行すると発表した。

今回、顧客還元施策の一環として、保有している「ドコモポイント」について、等価(1ドコモポイント→1dポイント)で移行される。

現在、ユーザーが保有している「ドコモポイント」の有効期限は、2017年5月末日と2018年5月末日の2種類があるが、「dポイント」移行後の有効期限は、移行前の有効期限にかかわらず、すべて2018年5月末日となる。

これまで、「dポイント」によるドコモの携帯電話利用料金への充当は、3000ポイント以上100ポイント単位でご利用できたが、2017年6月1日以降は、1ポイント以上1ポイント単位で利用可能になる。

dポイントは携帯電話利用料金への充当のほか、マクドナルドなどの対応している店舗、JALのマイルやPontaといった他社のポイントサービスとの交換などで利用可能。