人気店の新提案。瓶入りあずきとスプーン型クッキー【甲斐みのりの「おやつの時間」】

写真拡大 (全2枚)

品川駅から新感線に乗る前、決まってお土産を求めるのが、品川駅改札内にある「空いろ」。予約なしではなかなか購入することのできない「空也もなか」で知られる、銀座の和菓子店「空也」が、数年前に始めた新ブランドです。
明治17年創業の老舗・空也のもなかは、焦がし皮に自家製のつぶし餡を入れた1種のみ。保存料や添加物は一切使用せず、北海道産の小豆と白ざら糖をじっくり煮込んで作る餡は、ふくよかな豆の風味から、力強い大地の景色が浮かび上がります。それでいて、端正で品のよい佇まい。空也のもなかが家にある日は、それだけでその日を特別に感じるもの。背筋を正し、かしこまって口にしたいお菓子です。
対して、空いろのお菓子は気軽に購入できるので、普段遣いの手土産や、日々のおやつの定番。シンプルであること、上質であることを空也から継承した餡は、すっきりとした甘さの中に、やはりまっすぐよどみのない力強さが潜んでいます。
こんなふうに、瓶入りあずきと、スプーン型クッキーが箱に入っています
空いろの品書きは、米粉生地のどら焼き「たいよう」、まんまるのクッキーで粒餡をはさんだ「つき」、もち米で粒餡をくるんだ「くも」というふうに、空に関する名と形。そんな中、お土産にいつも選ぶのが、粒餡、こし餡、白いんげん、だいず、4種の餡が瓶に入った「ほし」。スプーン型のクッキーとセットになった箱入りは、差し出す相手も、わっと喜ぶ愛らしさ。瓶入りのあんは、トーストに乗せたり、アイスクリームに添えたり、アレンジもできるので楽しみながら味わえるので、自分用も忘れずに持ち帰ります。
朝はヨーグルトにちょこんと餡をのせて。3時のおやつは、餡×クッキー。今日は餡づくしの一日です。

「おやつの時間」をもっと読みたい>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!@mylohas_official フォローしてくださいね。