全然かまってくれない! 好きな人が忙しいときの対処法

写真拡大

仕事が忙しい男性とは、なかなか頻繁に連絡を取り合ったり、出掛けたりすることができませんよね。仕事が忙しい男性を好きになってしまった場合、女性はどうやって好意をアピールすればいいのでしょうか。また、彼氏の仕事が忙しいとき、女性がどんなことをしたらよろこんでもらえるのか、男性の本音を調査しました。

■仕事が忙しい男性へのアプローチ方法


好きになった男性が仕事が忙しい人だったとき、女性はどうやって彼を振り向かせればいいのでしょうか。仕事が忙しい男性に効果的なアピールやLINE、やってはいけないNG行動などを男性のみなさんに教えてもらいました。

☆体調を気遣う

・「体調の気遣いや、何かしようか? など、その人の助けとなるようなことを気にかける」(26歳/情報・IT/技術職)

・「いつも遅くまでお疲れさま! 無理だけはしないようにね!」(36歳/運輸・倉庫/技術職)

体調を心配してくれるということは、自分が忙しく仕事をしていることをちゃんと見ていてくれる証拠でもあります。

☆サポートする

・「その忙しさをサポートして少しでも助けてあげること」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「同じ仕事であれば、まずは仕事のよきパートナーになる」(30歳/情報・IT/技術職)

一緒の職場にいる場合には、仕事そのものをサポートしてあげることで、仕事のパートナーとして認めてもらえる存在になれます。また、そうではない場合には身の回りの世話などでもサポートは可能です。

☆相手に合わせて連絡を取る

・「相手のペースに合わせつつもなるべく毎日連絡を取る」(26歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「仕事の合間や終わった時に、必ずLINEなど、連絡が入っていれば、意識すると思う」(36歳/医療・福祉/事務系専門職・サービス系)

忙しい彼には仕事中の連絡はNG。だったら仕事が終わる時間を見計らってLINEなどを送るのはいいアピール方法でしょう。

◇女性から来たらうれしいLINE


☆励ます内容

・「励まし、激励の気遣いのラインがいい」(38歳/農林・水産/事務系専門職)

・「おつかれさま、普通に激励のメールでもうれしい」(39歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

どんなに能力のある人でも、毎日忙しければストレスがたまります。そんなとき、励ましの言葉をもらえば「もう少し頑張ろう」という気持ちも湧いてきます。

☆体調を気遣う

・「忙しいけど身体には気をつけてねって心配してくれてるLINE」(39歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「体のことを気遣ってくれるようなやつ」(37歳/自動車関連/技術職)

忙しいとつい自分の体のことは二の次になってしまうこともあるでしょう。そんなときに体調を心配してくれる女性の言葉は、癒しになりますね。

☆忙しさを理解している内容

・「頑張って! ではなく、今の頑張りは私がしっかり見てるよ的な内容」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分のつらい状況を理解している内容」(36歳/情報・IT/技術職)

一人でがむしゃらに頑張っていると、孤独を感じることもあります。でも、そんな姿をちゃんと見守ってくれている人がいるだけでまた、明日も頑張ろうという気持ちになれそうです。

☆休日のお誘い

・「休みの日のお誘いなどがあればそのために頑張れると思う」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「休日のお誘い。今の仕事を乗り越えれば楽しいことが待ってるというモチベーションにつながる」(29歳/建設・土木/技術職)

仕事だから頑張っているけど、やはり楽しみがほしいと思うものです。「いいな」と思っている女性からのお誘いがあれば、それを目標に仕事にも気合が入るかもしれません。

◇仕事が忙しい男性に逆効果なアピール


☆しつこく連絡する

・「とにかくしつこくLINEする女。朝昼夜としてくる女がいて全部シカトしてやった」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

・「しつこいのは勘弁していただきたいところです。重いのとかも嫌です」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

忙しいときに何度もLINEを送ったり、あの手、この手でアピールされたら、誰でもイライラします。これだけは絶対にNGですね。

☆かまってアピール

・「かまってアピール。忙しいときは逆にイライラ」(31歳/医療・福祉/営業職)

・「かまってちゃんのように、相手を気遣わないほどの連絡など」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

相手のことをまったく気遣うことができない人は、どんなに可愛い女性でも好きになってもらえないでしょう。いったん落ち着いて、周りの状況を見ることも大事です。

☆仕事の内容を聞く

・「仕事のことを聞いてくる。聞いてもわからないと思うから」(37歳/自動車関連/技術職)

・「仕事のことを聞く。今日はどうだった?」(22歳/運輸・倉庫/その他)

一緒に仕事をしているわけでもないのに、仕事の内容を事細かに聞いてきたり、アドバイスしたりするのは「余計なお世話」ですよね。

☆返事の催促

・「やたら返答を求めること。積極的に連絡取れとは言ったがしつこく返事を求めるのはエゴだ。違う角度や話題を変えてアプローチしてほしい」(36歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「連絡の催促。忙しい事に対する不満を伝えてくる」(23歳/アパレル・繊維/技術職)

これは相手に「自分のことしか考えられない人」と思われても仕方のない行為です。それでもどうしても返答がほしい場合には、数日の余裕を持たせるなどの工夫をしましょう。

■仕事が忙しい男性への告白方法


仕事が忙しい男性のことを好きになってしまったら、女性から告白してもいいのでしょうか。女性から告白されることについて、男性のみなさんに本音を聞いてみました。

◇仕事が忙しい男性に女性から告白していい?

Q.仕事が忙しい男性に女性から告白してもいいと思う?

・思う……77.1%
・思わない……22.9%

7割以上の男性が告白してもOKと回答してくれました。それぞれの理由を聞いてみましょう。

☆思う

・「女性から告白なんてされたら、自分だったら忙しかろうがうれしいに決まってるから」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「それだけで、男性は勇気がもらえるからです」(39歳/情報・IT/事務系専門職)

どんな状況でも女性から告白されることはうれしいし、それが自信につながる人もいるようです。確かに仕事が忙しいと自分のことで精いっぱいになりがちですが、そんな自分を思ってくれる人がいるのは幸せだと感じますよね。

☆思わない

・「ほんとに疲れ切っているので余裕がないので」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分が相手に好意があるならいつでもいいと思うが、なければ忙しいときなら完全アウト」(38歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

中には、相手によると回答した人も数人いました。また、やはりあまりに忙しい時期は余裕がなく、あまり恋愛のことは考えられないという人も。告白するにしても、タイミングは重要になりそうです。

◇仕事が忙しい男性に告白するタイミング

☆仕事後の食事のとき

・「仕事が終わってから一緒の食事のときがいい」(37歳/運輸・倉庫/営業職)

・「夜に食事をした後から帰宅するまでの間がゆっくり話せるのでよい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

1日の仕事が終わったあと、少しリラックスしている時間に気持ちを伝えるほうが、相手も余裕を持って聞いてくれそうです。

☆飲みに行ったとき

・「息抜きに飲みに行ったりしたとき」(39歳/商社・卸/営業職)

・「飲み会後、ほっこりしている時が緊張しなくていい」(36歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

同じ職場なら、二人きりではなくてもグループなどで飲みに行った後は、お互いに気持ちもほぐれて、少しお酒の勢いも借りて告白するにはベストなタイミングなのかもしれません。

☆休みの日

・「できれば、休みの日にしてほしいです」(24歳/商社・卸/営業職)

・「仕事が休みでゆっくりしてる時忙しいと相手にしたくない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

同じ職場ではない場合は、休みの日にゆっくり二人きりで会うことができれば、より深い話もできるでしょう。休みの日の誘いに応じてくれるかどうかでも、相手の気持ちをある程度確認することができます。

☆仕事が一段落したあと

・「仕事が一段落ついた時。仕事の隙間に」(31歳/ソフトウェア/技術職)

・「仕事が一段落したあとや終わったあと」(29歳/医療・福祉/専門職)

やはり仕事が一段落して、気持ち的にも開放されたときがいいという回答も目立ちました。焦らずゆっくり待ってから告白するほうがいいでしょう。

◇仕事が忙しい男性への告白方法


・直接会って……80.5%
・メールやLINE……11.2%
・電話……8.3%

今ではLINEで告白したり、別れを告げたりすることもよくありますが、やはり8割の人は直接言ってほしいと思っているようです。

☆直接会って

・「告白は直接じゃないとちゃんと伝わらない」(29歳/建設・土木/技術職)

・「直接会えるぐらい落ち着いているときでないと受け入れられない」(39歳/情報・IT/技術職)

相手と目をちゃんと合わせて自分の言葉で伝えるのが、最も気持ちが伝わることは間違いないでしょう。また、男性側も直接会う時間を持てるくらい落ち着いた時間が必要という気持ちもあるようです。

☆メールやLINE

・「心がこもっていれば、直接会わなくともよいから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「間接的な方が、ちゃんと考えて答えられると思うから」(36歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

確かにメールやLINEなら少し間を取ることができ、考えることもできます。待たされる女性には少し我慢を強いられますが、気持ちがちゃんと伝われば大丈夫な男性もいるようです。

☆電話

・「LINEだとあまり感情が伝わらないし直接会う時間もないし最後に残った電話」(26歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「直接がいいけど電話の方がスケジュール関係なく話せるから」(23歳/アパレル・繊維/技術職)

直接会う時間がない場合には、電話も一つの手段です。文章よりは自分の感情をちゃんと伝えることができますし、直接は話しづらいことも言葉にすることができますよね。

◇女性からの告白で言われたい言葉

☆労いの言葉

・「いつもお疲れさまというねぎらいの言葉」(29歳/電機/技術職)

・「日頃の疲れをいたわるような感じで」(38歳/電機/技術職)

まずは日々頑張っている彼に対して、労いの言葉が大事ですね。これを言われるだけでも「自分の大変さを理解してくれている」と思われるはずです。

☆料理を作ります

・「今度ご飯作りに行くとか体調を心配する」(37歳/団体・公益法人/官公庁/事務系専門職)

・「料理が趣味だから○○さんのためにご飯作りに行ってもいい?」(29歳/その他/その他)

体調を気遣ったり、食事を作ってくれるなどの言葉は、忙しい独身男性にはかなり有効な言葉のようです。やはりここはしっかり相手の胃袋をつかめるよう、料理の腕を上げておきましょう。

☆私が支えます

・「忙しいと思うから、健康面は支えますなど」(26歳/金融・証券/専門職)

・「私が支えてあげるからとか、私が癒してあげるからとか言ってほしいです」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

外からはどんなにしっかりした人に見えても、いろんなストレスを抱えていることがあります。そんなときに内助の功で「支え」になってくれる女性がいれば、男性はさらに力を出せるでしょう。

☆素直に「好き」

・「素直に好きって言われるほうが何か言われるよりキュンとくる」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「直球に好きですって言われるとぐっときます」(25歳/建設・土木/技術職)

回りくどい告白をされるより、ストレートに「好き」という気持ちを伝えてもらえるのが最もうれしいし、自信にもなるという回答も目立ちました。忙しいからこそわかりやすい言葉がいいということかもしれませんね。

■彼氏の仕事が忙しい場合の対処法


さて、次は好きな人ではなく、もう付き合っている相手の場合です。彼氏の仕事が忙しくなってしまったとき、女性は彼氏にどう接してあげたらいいのでしょうか。男性の仕事が忙しいときに、彼女にしてほしいことなどについて調査しました。

◇彼女がしてくれたらうれしいこと

☆家事を手伝う

・「何も言わずに家事などを手伝ってほしい」(39歳/自動車関連/技術職)

・「家事全般を代わりにやってくれるとすごくうれしい」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

忙し過ぎたり、疲れてしまっているとつい生活が乱れがちになってしまうので、そこをしっかりサポートしてあげれば、より二人の仲が深まるかもしれませんね。

☆手料理

・「食事を作ってくれたりしてくれるとうれしい」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「帰ってきたらご飯がある。準備されている」(33歳/建設・土木/営業職)

忙しいときだからこそ、体調には気をつけたいもの。栄養価が高くておいしい手料理をふるまえば、家庭的な面もアピールできます。

☆一緒にいるだけでいい

・「自分だけかもしれないけど、側にいてくれるだけでいい」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「一緒にいてしゃべるだけでよい、遠くに出かけると疲れるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

こんなことを彼に言われたら、うれしいですよね。一緒にいられる二人だけの濃密な時間を大切にして、一時でも、彼を仕事の忙しさから開放してあげてください。

☆マッサージ

・「体のマッサージ。隅から隅まで全身くまなく」(34歳/自動車関連/技術職)

・「癒されたい。マッサージでも軽くされたらうれしい」(37歳/医療・福祉/事務系専門職)

マッサージも貴重なスキンシップの時間です。マッサージの方法などを少し勉強して、彼を癒してあげられたらいいですね。

◇彼女から来たらうれしいLINE


☆励ましや癒し

・「癒されるスタンプや励ましてくれる言葉」(36歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「励ましの言葉とか、テンションが上がる内容」(27歳/自動車関連/販売職・サービス系)

彼だって、好きで忙しくなっているわけではないでしょう。そんなとき一番近くにいる彼女から励ましの言葉をもらえたら、自分のことをちゃんとわかってくれていると感じますよね。

☆応援メッセージ

・「お仕事頑張っているね、応援しているから。疲れているときにはその声掛けだけで十分うれしいものです」(37歳/学校・教育関連/その他)

・「仕事の応援メールみたいなものはうれしい。頑張ったらご褒美をあげるみたいな感じ」(28歳/医療・福祉/専門職)

あと一歩の力が湧かないときなどに、大好きな彼女からの応援メッセージが届けば、きっともう少しだけ頑張ってみようと思えます。その先にご褒美があれば、さらに頑張ろうと思えますよね。

☆健康への気遣い

・「生活や心身の疲れを心配してくれたらうれしい」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「体調崩さないでねとか無理しないでね」(39歳/建設・土木/技術職)

体を気遣ってもらえるのは、本当に心配してくれていると実感します。これも彼にとってはパワーをもらえる言葉でしょう。

☆少し先のデートの誘い

・「二週間後くらい先のデートの誘い。デートがあると思えば仕事も頑張れるし、時間を作ろうとテキパキ仕事しそう」(33歳/情報・IT/技術職)

・「自分は旅行などが趣味なんですが、そういった関係の情報をくれて、休みが取れたらいこうねみたいなメール」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

誰でも目標ができれば、そのために一生懸命頑張ることができます。少し先のデートのお誘いはそんな目標になりますよね。また、女性側も少し先でも約束ができれば安心できます。

◇彼女にしてほしくないこと


☆かまってアピール

・「かまってくれアピールは無理。空気を読まない言動」(33歳/農林・水産/その他)

・「かまってほしいだけのどーでもいい内容のLINE」(30歳/金融・証券/営業職)

忙しいときにこれをしてしまうのは逆効果です。「自分のことをわかってくれていない」「自分のことしか考えていない」と思われてしまう可能性があります。彼も我慢しているのだということをわかってあげましょう。

☆自分が楽しかった話

・「暇だとか、どこどこ行って楽しかったとか」(39歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自分は、今日はこんな遊びをしてきたとかの話」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

もしかしたら、彼に妬かせるためにこうした話をしているのかもしれませんが、「自分は必要ない」と思われたら逆効果になりますので、要注意です。

☆返事を催促する

・「連続で次々連絡が来たりすぐの返答を催促すること」(33歳/小売店/営業職)

・「しつこい連絡、返事を要求すること」(37歳/商社・卸/営業職)

どうしても緊急で返事が必要な事柄以外では、あまりしつこくしないこと。LINEなども1日1回くらいにしておくのが無難です。あとは次に会った機会に話すために話題をストックしておきましょう。

☆グチを聞かされる

・「相手のグチを聞かされること程、いやなことはない」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分のグチを言われることは、しんどく感じる」(36歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

むしろグチを言いたいのは彼の方です。そんなときに彼女のグチを聞かされたら、ただただイライラさせるだけでしょう。これは絶対にNGです。

■まとめ

仕事が忙しい男性は、仕事ができる人だったり、職場で頼りにされている人だったりするでしょう。そういう男性を好きになった場合は、ある程度、自分も何かに打ち込んだり、夢中になれる趣味を持てるといいかもしれません。会えない時間は自分を高める時間や、彼をよろこばせるための思案の時間に充てます。彼に連絡を取るときも、決して返事を催促したりせず、彼の体調を気遣ったり、心配する内容を送ることで、少しでも彼の力になれるようにしましょう。これなら、きっと彼も「自分に必要な人」だと思ってもらえるはずです。

(さとう ともこ/フォルサ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年4月5日〜7日
調査人数:403人(22歳〜39歳男性)