試合開始前のコートに置かれたボール(2014年6月5日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)は27日、ファン投票で決定する新たな6部門を含めた2016-17シーズンの各個人賞について、6月26日に米ニューヨーク(New York)で行われる初めての祭典で全受賞者を発表すると明らかにした。

 シーズン終了後に発表される恒例の個人賞は今季からショー形式で発表されることになり、初めての式典はカナダ出身の歌手ドレイク(Drake)が司会を務めることになった。新設された各賞については、すでに投票が始まっている。

 新たに設けられたベストスタイル、最優秀ダンク、最優秀ブロック、最優秀アシスト、最優秀ゲームウイナー、最優秀トップパフォーマンスの6部門は、フェイスブック(Facebook)をはじめ、ツイッター(Twitter)とインスタグラム(Instagram)のソーシャルメディアや、NBAの公式ウェブサイトで投票できる。

 これまでの個人賞として最優秀選手(MVP)、新人王、最優秀守備選手、シックスマン、最優秀躍進(MIP)、最優秀コーチ、最優秀エグゼクティブ、スポーツマンシップ、最優秀チームメートに加え、オールルーキーとオールディフェンスチームの受賞者も同時に発表されることになっている。

 最優秀パフォーマンス部門では、オーランド・マジック(Orland Magic)戦で57得点13リバウンド11アシストを記録し、歴代最高得点でのトリプルダブルを達成したオクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)のラッセル・ウエストブルック(Russell Westbrook)や、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)戦で53得点16リバウンド17アシストのトリプルダブルを記録したヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のジェームス・ハーデン(James Harden)らが最終候補に入った。

 そのほかにもインディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)との試合で3クオーターだけで60得点を稼いだゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のクレイ・トンプソン(Klay Thompson)、ボストン・セルティックス(Boston Celtics)戦で70得点を挙げたフェニックス・サンズ(Phoenix Suns)のデビン・ブッカー(Devin Booker)が名を連ねている。

 服装やファッション哲学が評価されるベストスタイル部門では、サンダーのウエストブルックのほかに、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)のドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)とクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)のイマン・シャンパート(Iman Shumpert)が最終候補となっている。

 最優秀ダンク賞では、ミネソタ・ティンバーウルブス(Minnesota Timberwolves)のザック・ラビーン(Zach LaVine)、サンダーのビクター・オラディポ(Victor Oladipo)、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)のラリー・ナンス・Jr.(Larry Nance Jr.)が候補に挙がり、最優秀ブロック賞の候補は、ヒートのハッサン・ホワイトサイド(Hassan Whiteside)のほか、ニックスのクリスタプス・ポルジンギス(Kristaps Porzingis)とサンアントニオ・スパーズ(San Antonio Spurs)のカウィ・レナード(Kawhi Leonard)の顔ぶれとなっている。

 最優秀アシスト賞の候補には、ウォリアーズのドレイモンド・グリーン(Draymond Green)からステフェン・カリー(Stephen Curry)経由で渡ったケビン・デュラント(Kevin Durant)へのパスをはじめ、デンバー・ナゲッツ(Denver Nuggets)のニコラ・ヨキッチ(Nikola Jokic)が見せたノールックパス、そしてロサンゼルス・クリッパーズ(Los Angeles Clippers)のクリス・ポール(Chris Paul)が繰り出したビハインド・ザ・バックパスが選ばれている。

 そして、最優秀ゲームウイナー賞は、サンダーのウエストブルックが決めたナゲッツ戦での決定的なシュート、サンズのタイラー・ユリス(Tyler Ulis)がセルティックス戦で決めた決勝ブザービーター、そしてキャバリアーズのカイリー・アービング(Kyrie Irving)がウォリアーズ戦の試合終了間際に決めたシュートから選ばれることになっている。
【翻訳編集】AFPBB News