ヒョンビン、日本ファンミーティングを成功裏に終了…ファンクラブ設立10周年を記念

写真拡大

俳優ヒョンビンが日本列島を熱くした。

ヒョンビンは22日、グランキューブ大阪にて「2017 HYUN-BIN Dear My Space〜The Space Japan 10th Anniversary〜」ファンミーティングを開催した。

今回のファンミーティングは、ヒョンビンの日本公式ファンクラブ「The Space」創立10周年を記念して開催された。ヒョンビンとファンが共にした過去10年間の思い出を振り返ってみる特別な時間が繰り広げられた。

ヒョンビンはこれまでのファンミーティングの映像などを見てファンたちとトークを交わす時間を用意し、たゆまぬ愛を送るファンたちに応えた。ファンが送る手紙の朗読から、ヒョンビンが直接過去の作品とファンミーティングの思い出を再確認して、ファンとの連帯感が深くなる意味深い公演になったという。

3年ぶりに日本のファンに会うことになったヒョンビン。相変らず熱い愛と爆発的なおもてなしを送ってくれた日本ファンのために、公演前から公演内容とファンに渡すプレゼントにいたるまで、注意深く準備してファンとの大切な出会いを準備してきたという後日談だ。

ヒョンビンは、約10年にわたり変わりなく愛したファンのために直接歌を選曲して、心がよく伝わるように替え歌にして披露するウィットと上手な歌の実力でファンを感動させた。

これに対しファンたちは、ヒョンビンと共にした10年余りの時間を祝うためにケーキと歌を準備し、ヒョンビンはその場でケーキカットをして、自らファンに手渡した。

ヒョンビンは、「表現が下手だが、常にファンへの有り難みはいつも忘れないでいる」と話した。公演を終えて直接ファンたちを見送って最後の瞬間までファンと大切な時間を持った。

ヒョンビンは休まぬ作品活動で、海外ファンの信頼と愛を受けている。日本のある韓流エージェンシー関係者もやはり、「派手さより、休まず俳優として見せる姿が韓流スターとしての長い間の人気の秘訣ではないか」と分析した。

ヒョンビンは今年下半期に、韓国で映画「クン」の公開を控えている。映画「猖獗」への出演も確定し、旺盛な演技活動を繰り広げている。