シリアに向けボスポラス海峡を航行する、ロシア海軍の情報収集艦「リマン」(2016年9月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ロシア海軍の情報収集艦「リマン(Liman)」が27日、トルコ沖の黒海(Black Sea)で貨物船と衝突し、沈没した。軍艦に乗っていた78人は全員トルコの沿岸警備隊などによって救助された。

 現場は、イスタンブール(Istanbul)を東西に分けるボスポラス(Bosphorus)海峡入り口の北西で、当時は霧が立ち込めていたという。ボスポラス海峡は黒海とマルマラ海(Sea of Marmara)をつなぐ、世界でも有数の航路となっている。

 軍艦が衝突したのはトーゴの旗を掲げた貨物船で、家畜を運んでいた。

 トルコの沿岸警備隊によると、今回の衝突でリマンに乗っていた78人のうち63人は警備隊に、残りは貨物船に救助された。その後、トルコ海軍の船に移送されたという。

 ロシア軍によると、衝突によりリマンの船体に大きな穴が開いたという。それ以上の詳しい状況は明らかになっていない。

 公文書によると、リマンは1970年に海洋調査船として建造されたが、1989年に情報収集艦として改造され、防空ミサイルも搭載されている。

 リマンの今回の航行の出発地や目的地は不明だが、ロシア海軍の軍艦はボスポラス海峡をたびたび航行し、シリア沿岸に向かっている。ロシアは、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権を支援するためシリア領内で空爆作戦を行っており、その支援のために艦隊をシリア沿岸に派遣している。

 イスタンブールに拠点を置く海軍専門家はAFPの取材に対し、「衝突はたびたび起こるものではない」と指摘。リマンが機密の監視装置を運んでいた可能性が高く、今回の出来事はロシア政府にとってきまりが悪いものだと述べた。ただ、リマンは過去にシリア沿岸に向かったことはあるが、今回も同じ任務だったかは分からないと説明した。
【翻訳編集】AFPBB News