仕事や家事の頑張り時に、カフェイン飲料が活躍してくれるときもあります。気力に体がついてこないときカフェインを摂取することで無理やり体を興奮状態、つまり活動モードに切り替えてくれるからです。しかしカフェインはただ身体を興奮状態にするだけの便利なものではなく、中毒性があるため、コーヒーやカフェイン入りエナジードリンクがやめられない、という人も少なくありません。そのため意識してコーヒー断ちをしている人もいるようですが、代わりに緑茶や烏龍茶を飲んでいたらその効果は半減してしまうかも!

カフェインを減らす人が増えてきている

カフェインを摂取することで得られる興奮作用は一時的なものであるため、後から心身ともにだるさを感じることが少なくありません。また中毒性もあるため、過剰摂取しやすい場合もあります。そのためカフェインを減らそうとしている人も増えているのです。カフェインの含まれた代表的飲料であるコーヒーをやめたり減らしたりするのは良いことですが、その代わりに何を飲むかが大切です。例えば、緑茶や烏龍茶にもカフェインは含まれています。

緑茶や烏龍茶にもカフェインは多く含まれている

一般的にコーヒーに含まれていることで知られるカフェインですが、緑茶や烏龍茶にもカフェインは含まれています。例えば150mlあたりのインスタントコーヒーだと60mg〜70mg程度のカフェインが含まれていますが、緑茶や烏龍茶だと150mlあたり30mg程度のカフェインが含まれています。つまり緑茶や烏龍茶にもコーヒーの約半分程度のカフェインが含まれているということです。コーヒーと違って緑茶や烏龍茶はがぶがぶ飲まれやすい傾向にあるので、気づいたときにはコーヒーから摂取したカフェイン量を緑茶や烏龍茶から摂取したカフェイン量が上まることもありえます。コーヒーを減らしても緑茶や烏龍茶を大量に飲んでいては意味がないのです。

ノンカフェイン飲料ならがぶがぶ飲める

せっかくコーヒーの量を減らしても、それ以外のものからカフェインを摂取していては本末転倒。カフェインを減らそうと頑張っているあなたには、ノンカフェイン飲料をおすすめします。ノンカフェイン飲料とは言葉通りカフェインが含まれていない飲料のこと。大量にがぶがぶ飲もうとカフェイン過剰になる心配もありません。具体的には麦茶、そば茶、ごぼう茶、ルイボスティー、ハーブティなど。日頃の水分補給はノンカフェイン飲料をチョイスし、ここぞという時や回数、シチュエーションを決めてカフェイン飲料を摂取するのが良さそうです。


writer:サプリ編集部