27日、中国国防部が定例記者会見を開き、楊宇軍報道官が日本の軍備増強に対する警戒感を改めて示した。

写真拡大

2017年4月27日、中国国防部が定例記者会見を開き、楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官が日本の軍備増強に対する警戒感を改めて示した。

中国は26日、初の国産空母の進水式を行った。記者会見では記者から「空母を進水させる一方で日本の軍拡に警戒感を示すのはダブルスタンダードだ、との認識が国外メディアから出ているが、どう思うか」との質問が出た。

これに対して楊報道官は「まず、わが国はダブルスタンダードではないことをはっきり説明しなければならない。日本の軍拡を警戒しているのはわが国だけではない。その原因は侵略戦争の歴史と、それを反省しない今の日本当局の姿勢にある」とコメントした。

そして、今月14日に日本政府がヒトラーの「わが闘争」を学校教材として認める発言をしたこと、国立公文書館が提出した慰安婦関連の資料に対する日本政府の反応、そして21日の靖国神社春季例大祭に安倍晋三首相が真榊(まさかき)を奉納し、閣僚や国会議員が参拝を行ったことを列挙。「1週間のうちにこれほどの問題が起きることから、日本の歴史認識に問題があることを十分証明できる。軍備拡張、軍国主義化、他国の平和で自由な未来の侵害といった点について、日本は深く反省する必要があるとともに、国際社会も強く警戒しなければならないのだ」と論じている。(翻訳・編集/川尻)