岡山、MF伊藤大介の負傷離脱を発表…左足関節部軟骨損傷で全治8〜10週間

写真拡大

 ファジアーノ岡山は4月28日、MF伊藤大介の負傷離脱を発表した。

 クラブ公式HP上の発表によると、伊藤は23日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節モンテディオ山形戦で負傷。左足関節部軟骨損傷と診断を受け、全治8から10週間はかかる見通しであると伝えられている。

 同選手はジェフユナイテッド千葉ユースから順天堂大学へ進学。2010年からジェフユナイテッド千葉へ加入すると、大分トリニータを経て、2015年からファジアーノ岡山へ移籍した。今季は明治安田生命J2リーグで9試合に出場し、1得点を記録している。