「シカゴ・タイプライター」「不埒な同居」本日(28日)放送の大統領候補者討論会のため放送休止

写真拡大

大統領候補者討論会の編成により、地上波とケーブルテレビ番組の編成が変更される。一応「シカゴ・タイプライター」と「不埒な同居」が放送休止になり、「ユン食堂」が放送時間を繰り下げる。

28日、中央選挙放送討論委員会が主管する第19代大統領選挙候補者討論会(第2回、経済分野)が地上波の3つの放送局を通じて午後8時から生中継される。

これにより、地上波3社のレギュラー番組の一部が放送休止される。MBCは「不埒な同居」と「色々な嫁」が、SBSは「恋はボロボロ」と「気になる話Y」の放送が休止される。KBSは1TVで討論会が生中継されるため、2TVの放送は変更されない。

tvNも地上波の討論会により、編成の一部を変更した。まず「シカゴ・タイプライター」の放送が休止され、午後6時50分から第1話から6話までの内容を盛り込んだ「シカゴ・タイプライター逆走スペシャル」を放送する。続けて「ユン食堂」と「時間を走る男」がそれぞれ午後10時と11時40分に放送される。