『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C) 2017 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

世界中で大ヒットした『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のMovieNEX初回限定版(4200円+税)と、MovieNEXプレミアムBOX(1万3000円+税)が、いよいよ本日4月28日に発売(デジタル配信中)。これを記念し、MovieNEXのブルーレイ特典ディスクに収録されているボーナス映像の中から、ファン必見のトリビア映像集『ローグ・コネクション』の一部が解禁!『ローグ・ワン〜』と『スター・ウォーズ』との、さらに深いつながりが明らかになった。

[動画]あのシーンに映っていたのは? 解禁となった『ローグ・ワン』トリビア映像

解禁となった映像では、まず「“スター・ウォーズ”作品はそれぞれ関連している。本作に隠された深いつながりを見てみよう」というテロップが流れる。

次いで最初に紹介されるのは「エピソード5のドロイド」。本作の主人公ジンとキャシアンが砂漠の惑星ジェダで反乱軍の戦士ソウ・ゲレラを捜索するシーンに一瞬登場する偵察ドロイドが、実は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の氷の惑星ホスで登場したドロイドと同タイプであることが明かされる。惑星ジェダはソウが率いる反乱軍の分裂グループが帝国軍に対する活動を続けている場所だけに、帝国軍もドロイドを駆使し不審な動きに目を光らせていたわけだ。

2番目に紹介されるのは「チューバッカとC-3PO&R2-D2コンビが遊んでいたゲーム」。ソウ・ゲレラの秘密基地で戦闘員たちが興じるボードゲームに見覚えがあるファンも多いはず。これは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、ミレニアム・ファルコン号の機内でチューバッカとC-3PO&R2-D2コンビが遊んでいたものと同じなのだ! 本作では実物の駒が使用されているが『エピソード4』ではホログラム版に進化。『スター・ウォーズ』の世界における技術の進歩と製作陣の遊び心には、思わず感嘆の声が出てしまいそうだ。

3番目は「アニメーション・シリーズの人気キャラクター」。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』にも登場した反乱軍の基地がある惑星ヤヴィン4のシーンでは「シンドゥーラ将軍、作戦会議室へ」というアナウンスが流れる。このシンドゥーラ将軍こそ、アニメーション・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』に登場するエースパイロット、ヘラ・シンドゥーラのことなのだ。『〜反乱者たち』は『ローグ・ワン〜』と同時期を描いた物語だけに納得の登場だ。

今回、解禁されたトリビアはほんの一部。MovieNEXのボーナス映像では、『ローグ・コネクション』の全編はもちろん、初めて明かされる制作秘話や、“あのキャラクター”登場の秘密など、1時間13分にも及ぶ映像を収録しており、本編を楽しんだ後もさらに作品の世界観を楽しむことができる。GWに見るのにピッタリの内容となっている。