邪魔すれば蹴散らす! (C)Universal Pictures

写真拡大

 ビン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムらが共演した人気カーアクションシリーズの第8弾「ワイルド・スピード ICE BREAK」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。巨大鉄球が登場するアクションシーンを切り取っている。

 最新作では、なぜかファミリー(仲間)を裏切ったドミニク(ディーゼル)を取り戻すべく、ホブス(ジョンソン)たちが敵だったデッカード(ステイサム)と手を組んで新たな戦いに繰り出すさまが描かれる。従来のキャストに加えてシャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、ヘレン・ミレンらが出演する。

 映像は、炎が燃え盛るベルリンの街中で、極秘任務によりある兵器を盗んだドミニクらが車を走らせるシーンから始まる。兵器を奪還しようと幾多の追っ手に対し、ファミリーはドミニクの合図に合わせて巨大鉄球を見舞い、返り討ちにする痛快なシーンが描かれる。車両が次々に吹っ飛び、大破するという「ワイルド・スピード」らしいド派手なシーンとなる。

 ジョンソンは、同シーンに対し「これは本作で繰り広げられる異次元のアクションシーンのほんの一例にすぎない。ファンが予想もしないような展開が待ち受けているんだ」と本作の魅力を語る。劇中では、キューバのハバナ市街地で行われるストリートレース、米ニューヨークのビルから車が次々と落下するシーン、アイスランドで展開する巨大潜水艦との氷河上でのチェイスといった度肝を抜くシーンが詰め込まれている。

 一方、F・ゲイリー・グレイ監督はストーリー面での真新しさについて言及。「ドミニクは常にファミリーを最優先にしてきた。でも今回のストーリーでは全く逆のことが起きる。ただ今までと違うストーリーを展開するだけでなく、キャスト全員からこれまで見たこともないようなパフォーマンスを引き出したかった。ファミリーにそむくことになるドミニクの新たな感情の領域を探求することができたよ」と語っている。