写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは28日、国内向け新世代商品では初となる3列シートを採用した新型クロスオーバーSUV「CX-8」の導入を公表した。新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう) - Soul of Motion」を全面的に採用したマツダ新世代商品群の最新モデルとして、年内の国内発売を予定している。

同社は現在、国内向け新世代商品におけるクロスオーバーSUVとして「CX-5」「CX-3」を販売。海外ではこれらの他に「CX-4」を中国で、ハイエンドモデルとなる3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」を北米などで販売している。

2017年中の国内発売が公表された「CX-8」は、マツダの国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルに。諸元も一部公開され、全長4,900mm(ホイールベース2,930mm)×全幅1,840mm×全高1,730mm、エンジンは新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、トランスミッションは6速自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」で、乗車定員は6〜7名とされた。車内のイメージ画像も公開されている。

マツダ代表取締役社長兼CEO、小飼雅道氏のコメントも紹介され、「CX-8」について「マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です」と述べている。

(上新大介)