米空軍は日本時刻26日未明、カリフォルニア州の基地から核弾頭を搭載していない非武装ICBM(大陸間弾道ミサイル)を太平洋海域へ試験発射した。

 前日の北朝鮮の人民軍創建85周年を前後に、6回目の核実験と弾道ミサイル発射などの挑発恐れが高まった。これを受けて、トランプ米政権の北朝鮮に対する警告性メッセージと考えられる。

 米空軍地球規模攻撃軍団(AFGSC)の発表によると、カリフォルニア州のバンデンバーグ基地から発射されたICBM「ミニットマン掘廚詫縦蠅匹り、約6800キロ離れたマーシャル諸島の環礁近くに着弾した。

 米空軍は今回の発射が米空軍の武器システムの効率性と即応性、そして正確等を検査するためのプログラムの一環だけだと説明。

 空軍指揮官のクリス・モス大佐は声明で「ミニットマン靴糧射は国の核兵器の状態を確認するために不可欠であり、国家核能力を証明も重要だ」と説明した。

 いっぽう、批判の声も存在する。今回のICBM発射に対して米国の反核組織「核時代平和財団」は、北米間の緊張感が高まるなかで、ミサイル発射したことについて批判した。デービッド・クリーガー委員長は24日、声明で「(米国が)北朝鮮の実験を脅威で、不安定なものとみなしながら、独自のテストでは、公正かつ有効であると規定している 」「軍事挑発ではなく、外交が必要だ」と指摘した。

 ミニットマン靴蓮B-52戦略爆撃機、戦略原子力潜水艦(SSBN)などと共に、米国の「核の傘」の一つに挙げられる。最大3つの核弾頭を搭載できる多弾頭ミサイル(MIRV)で、平壌を含む北朝鮮全域を射程圏に置いている。

(翻訳編集・斎潤)