石橋凌、6年ぶりオリジナルALにサンコンJr.、大島賢治、沼澤尚ら参加

写真拡大

石橋凌が生誕60周年記念プロジェクト“R-60 PROJECT”の集大成として、約6年ぶりのオリジナルアルバム『may Burn!』を7月19日にリリースする。

完全セルフプロデュースで制作された本作では、力強い日本語をカラフルなビートにのせた“ネオ・レトロ・ミュージック”という新たなジャンルを提唱。書き下ろしの新曲10曲、ARB時代の楽曲「抵抗の詩」、CD初収録となる「ピカドンの詩」をあわせた全12曲が収録される。

参加ミュージシャンには、ギター・藤井一彦(The Groovers)、ベース・渡辺圭一(HEATWAVE)、キーボード・伊東ミキオ、サックス・梅津和時といったおなじみのメンバーに加え、ドラムにサンコンJr.(ウルフルズ)、大島賢治(↑THE HIGH-LOWS↓)、沼澤尚が名を連ねている。

「約40年間の音楽活動史上、間違い無く最高傑作!」──石橋凌

NEW ALBUM『may Burn!』
2017年7月19日(水)発売
CRCP-40520
2,963円+税
1.サヨナラ!バディ
2.パライソ
3.抵抗の詩
4.天のエール
5.エンドレス・ロード
6.神風ダイアリー
7.Hey,Voter!
8.SOUL DOCTOR
9.ピカドンの詩
10.SUNNY BRAIN
11.名も無きDJブルース
12.挽回ヴィクトリー

<石橋 凌 with JAZZY SOUL>
6月11日(日)愛知・名古屋BLUE NOTE
6月15日(木)東京・COTTON CLUB