ツイッターハッシュタグ「#東北でよかった」に感動…魅力を発信するつぶやきが今なお投稿され続けています

写真拡大

自民党の派閥のパーティーで、東日本大震災に関し「まだ東北のほうだったからよかった」などと発言した今村雅弘復興大臣。

その後、発言を撤回し謝罪をしたものの、批判の声は高まる一方で、今村氏は2017年4月26日に辞表を提出しました。福島県出身のわたしにとって、こういった心ない発言は非常に腹立たしく、悔しかったし、ただただ悲しかった。

そんな暗たんたる気持ちを一掃してくれたのが、ツイッターに現れたハッシュタグ「#東北でよかった」です。

今村氏の発言を逆手にとって、東北の魅力を新たに伝えていこう!という思いの元に誕生し、美しい景色の写真や故郷自慢の投稿がたくさん寄せられています。あ〜、東北に生まれてよかった!

【絶景、グルメ、温泉…東北の魅力が盛りだくさん!】

「喜多方日中線のしだれ桜 延々と3キロも続くしだれ桜。今が満開! 風に揺れる濃いピンクの花がとてもキレイです」
「日中も夜桜も、弘前公園の桜は一日中楽しめます! ぜひ、今週末は弘前へ♪」
「東北に生まれ育って良かった。子供らに最高の泥遊び経験させれてよかった」
「お昼は、こしあぶらとよもぎの天ぷら。春のご馳走です」
「東北の温泉の素晴らしさは、言葉では語り尽くせない。とりわけ冬に風雪の中で入ると、それが実感できる」
「宮城出身のわたし。東北でよかったの応援ツイートに涙」
「前復興相の心ない発言で改めて気づかされました。東北は故郷だからね」

これらは投稿されたつぶやきのほんの一部。

【熊本からの投稿に感動】

わたしが印象に残ったのは熊本地震を体験された方のツイートで、「今度は私たちがまさかの被災者に……明日は我が身とはまさにこのこと」と前置きしつつ、続けて「東北から来た救援車両に『5年前の恩返し』と書いてあるの見て、涙が出たよ」とコメントしていました。やだ、そんなん聞いたらわたしが泣いちゃう。

こうしている間もまだまだ増え続けている、「#東北でよかった」ツイート。GWもスタートすることですし、寄せられたつぶやきを参考にして、ふらっと東北旅行へ出かけてみるのもいいかもしれませんね♪

参照元:Twitter #東北でよかった、首相官邸ホームページ、朝日新聞デジタル
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ(c)Pouch

関連ツイートはこちら