【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は28日、トランプ米大統領が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備費用を「韓国に支払ってほしい」と発言したとする報道を受け、THAADの費用は米国が負担するという基本的立場をあらためて示した。
 同部は報道直後に出した資料で「韓米は在韓米軍地位協定(SOFA)の規定により『韓国政府は敷地やインフラ施設などを提供し、THAADの展開および運営・維持費用は米国側が負担する』という基本的立場に変わりない」と伝えた。
 トランプ氏は27日(米東部時間)にロイター通信とのインタビューで、「韓国にTHAAD費用10億米ドル(約1110億円)を支払わせたい」と発言した。THAADは先ごろ一部の装備が韓国南部・星州の配備先に搬入されている。
tnak51@yna.co.kr