「ダンケルク」ティザーポスター画像 (C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

写真拡大

 イギリスの鬼才クリストファー・ノーランが初めて実話の映画化に挑んだ「ダンケルク」の公開日が、9月9日に決定した。ノーラン監督は「できる限り露わになる方法でこの物語を伝え、観客をダンケルクの砂浜へ連れて行きたかった」と今作へ思いを語っている。

 映画は、第2次世界大戦中の1940年、860隻の船舶を使い、ドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士約40万人の命を救った「ダンケルク作戦」を基にしたもの。ノーラン監督が製作・脚本を兼ね、「インセプション」「ダークナイト ライジング」に続き、トム・ハーディと3度目のタッグを組んだ。

 子どもの頃から同作戦に強い興味を抱いてきたというノーラン監督は、「ダンケルクとその伝説は、イギリス人なら誰もが耳にして育つ話。私たち(イギリス人)のDNAに組み込まれている」と告白。それゆえに、「映画化は、長年心に思い描いていたことですが、自分にその準備が整っているとは思えなかった」と明かしている。

 「ダンケルク」は、ハーディとマーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、ハリー・スタイルズらが共演する。9月9日から全国で公開。