ロシアW杯アジア最終予選、UAE、タイ戦。MF長谷部誠の故障離脱によって、ハリルジャパンは誰をボランチに起用するかが争点になった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はインサイドハーフやコンバートで対処を試みたが、「正解」は出ていない。

 そもそも、ボランチとはいかなるポジションなのか?

 ボランチはポルトガル語で舵やハンドルを意味する。船体や車体を操縦。すなわち、ピッチにおいては中央に陣取り、チームを回す役割だ。

「ダイレクトを使えるか、だと思います」

 柏レイソルの主将である大谷秀和は、「ボランチの資質」について語っている。

「ダイレクトで(ボールを)弾けるということは、周りが見えていないといけないし、そのスキルもないといけない。視野を確保し、身体の体勢を作っておく必要もあります。予測し、準備することが欠かせないですね」


柏レイソルの主将でボランチの大谷秀和 大谷は柏のボランチとして、国内の主要タイトルをすべて手にしてきた。Jリーグ、天皇杯、ナビスコカップ(現行のルヴァンカップ)、ゼロックス・スーパーカップ。アジアチャンピオンズリーグでも3回、決勝トーナメントに進出している。2011年にはクラブW杯準決勝に進み、南米代表のサントスと熱闘を演じた。

 Jリーグでは浦和レッズの阿部勇樹と並び、「トロフィーを勝ち取ってきたボランチ」と言えるだろう。チームを動かし、勝利に導く。そこにボランチの本分はあるとすれば――。

「ボランチは、まずチームを動かすことを考えるべきです」

 そう語る大谷が考える「ボランチ論」とは?
 
 日本でボランチが語られるときは、局面を切り取って語られるケースが多い。「サイドチェンジが最高」「デュエルが激しい」「インターセプトが抜群」。どれもボランチにとって一部ではあるが、全体を説明するには足りない。

「ボランチは真ん中にいる以上、みんなをサポートできる距離にいないといけません」

 大谷は端的にその鉄則を説明する。

「動きすぎるべきではないんです。動きすぎると、ボランチ同士の距離が広がったり、近づきすぎてしまったり、相手にスペースを与えることになる。そうなると、全体でポジションを修正しないといけなくなってしまう。それは無駄な動きになるんです。その効率の部分は大事になりますよね」

 良質なボランチはロジカルでなければならない。効率よくチームを機能させる。後ろと前を連結させ、フットボールの渦を創り出すのだ。

「ボランチはボールの後ろにポジションを取るのが基本ですね。リスク管理をする必要があります。ネルシーニョ監督(現在はヴィッセル神戸)には、『ボランチが自分のポジションを捨てるときは、サプライズじゃないといけない』と言われました。ただ、相手のボランチに対しては強く寄せることも要求されるので、出たら必ず潰す。言い換えれば、ボランチにプレーさせたら危険、というのがあるんでしょう」

 ボランチは棋士のような目線なのかもしれない。大局を見極めながら、全体の駒を動かしていく。相手の動きを読み、裏をかきながら。

「Jリーグでまさにボランチ、という選手は阿部(浦和)さんですかね。森崎和幸さん(サンフレッチェ広島)も好きです。2人とも頭がいいというか。プレスがかかったと思っても、ポジションを前に上げて回避したり。ニウトン(ヴィッセル神戸)もボランチっぽい。不用意に食いついてこない。目立たない動きに見えるかもしれませんが、うまいですね。ここで食いついてきたら、バックラインの前のとりたいスペースが自由に取れるのにと」

 大谷も若い頃は、老練さがなかったという。ユース時代までトップ下の選手だったことで、ボランチにコンバートされてからも、得点への色気を見せていた。ゴール前に飛び込み、得点を狙えるポジションを取る。ただ当時は、コンビを組んだ年上の明神智和が老獪さに長け、大谷を前に行かせてくれていたという。

「みょうさん(明神)と一緒にやりながら、バランスの取り方を学んだ感じですかね。自分が行くことで、空いたスペースをつかれたり。その失敗によって、行くべきか、行くべきでないのか、判断がつくようになってきました。ボランチは組む選手次第なところもあるかもしれません。その点、代表の長谷部さんと(山口)蛍のコンビは、お互いがいい補完関係を作っていますよね。どちらかが行っても、もうひとりはカバーする形で」

 ひとつ言えるのは、ボランチはリスクに対して敏感であるべき、ということだろう。常に次のプレーをイメージし、チームを旋回させる。それによって、勝利に近づける。

「予測、準備が大事ですよね」

 大谷は語るが、冒頭に記したダイレクトプレーでそれは顕著に出る。

 今シーズンのサンフレッチェ広島戦、大谷はこぼれ球をダイレクトで叩き、30m以上のロングシュートで沈めている。このシーン、前に出すぎたGKの頭上を破っているのだが、味方FWディエゴ・オリヴェイラのポジションと身体の向き、(GKのクリアで転がってきた)ボールの角度から、ディエゴ・オリヴェイラが落としたボール(実際は落としたというよりもトラップが大きくなったのだが)を想定し、間髪入れずに右足を振り抜いていた。

 状況を把握、イメージし、準備を整える。ダイレクトプレーの結実だった。

「もうひとつ、ボランチの条件があるとすれば。欲を出さないこと。もしくは、あっても隠せること。もちろん、海外のトップ選手はその上で、スーパーなプレーができますよ。パウリーニョ(広州恒大)は対戦してみて、前に出てくる迫力がすごかったです」

 大谷はそう言って、ボランチ論を締め括っている。

■Jリーグ 記事一覧>>