プロデューサー,DJ として活躍する大沢伸一の音楽への挑戦の歴史とも呼べる 、伝説の“MONDO GROSSO” が完全復活を遂げる。

93年にACID JAZZバンドのリーダー兼ベーシストとしてデビューし、その名を世界に実力を轟かせ、バンド解散後も大沢伸一のソロプロジェクトとして、その時代により音楽性を大胆に変容させながら、『LIFE feat. bird』や『Everything Needs Love feat. BoA』等、多くの名曲を輩出してきた。


そんなMONDO GROSSOが、14年ぶりに新作アルバムを6月7日にリリースする事が決定した。待望の新作は、MONDO GROSSO史上初となる “全編日本語ボーカルもの”となっているという。

本日、参加ボーカリスト第一弾が、3名発表された。

まずは、アルバムリリースに先駆けて4月22日に完全限定生産12inchアナログをリリース、そして本日4月28日に先行配信もスタートした『ラビリンス』を歌うのは、満島ひかり。作詞は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦によるもの。本日、『ラビリンス』Lyric VideoもYouTubeで公開された。

そして、ファンにとっては垂涎のタッグ復活。大沢伸一のトータルプロデュースのもと99年にデビュー、その歌声とサウンドは当時日本中を圧巻し、1stアルバムは85万枚を超えるヒットを作り上げ、MONDO GROSSO最大のヒットである『LIFE』から17年ぶりのコラボレーションとなるbirdが『TIME』を歌う。

さらに、フェンダーローズのプレイヤーとして、その音色に数多くのファンを持つINO hidefumiを、ボーカリストとして起用。彼の歌う楽曲『迷子のアストゥルナウタ』の歌詞は、元THE BOOMの宮沢和史によるもの。

と、第一弾として発表されたこの3名のニュースだけでも、否が応でも心が踊ってしまう内容となっている。大沢伸一が “MONDO GROSSO” として、今の時代に打ち出すサウンドを心待ちにしたい。まずは、22日に発売され既に軒並みSOLD OUTの12inchアナログに続き、本日配信リリースされた、満島ひかりをフィーチャーしたシングル 『ラビリンス』 を堪能しよう。

<大沢伸一 (TOKYO DAY OUTインタビューより)>
休止している間、日本の音楽シーンを見たわけですが、90年代に僕らが切り崩そうとしたJ-POPへの野心的な挑戦が滞っているのかなと。であれば、MONDO GROSSOとしてその要素のひとつになりたいと思いました。日本とか海外とかをセグメントしないMONDO GROSSOの視点で、敢えて日本語曲を作るという。リリックは日本語ですが、現在の日本の音楽シーンのことは逆に意識しないようにして曲を作る、そういうバランスで。