【12星座お金持ちの道】双子座は、わらしべ長者のように“交換”でお金持ちになる!

写真拡大

――お金持ちになる道は、ひとつではありません。どうせなら、自分が持って生まれた能力を生かして豊かになりたいと思いませんか。12星座の特徴と個性を生かした「お金持ちへの道」をご紹介していきます。

■双子座の生まれながらの金運
 双子座にとって「財産」とは、お金や物ではなく「情報」です。時代がようやく双子座に追いついてきたと言えるでしょう。双子座はものをため込むのではなく、知恵と工夫で価値を生み出すのです。ちなみに、双子座の守護星の水星を司る神は、商売の神ヘルメスです。

■双子座がお金持ちになるには?
 商売とは、交換することで成り立つ行為です。双子座がお金持ちになる場合、お互いにうれしい交換を繰り返していくのが黄金パターン。レア情報を教えてあげた代わりに限定品をもらう、余ったチケットをあげて食事をごちそうになる……そんな小さなことから、プロジェクトを紹介して新規の仕事をゲット、などの大きなことまで交換を繰り返して、わらしべ長者のように大金持ちになっていくのです。

■双子座の金運上昇サイン
 双子座の行動の原動力は好奇心です。あれもこれも楽しそう! と思えているときは運気上昇中で、金運もあとから上がってきます。学んだ知識や、得た人脈が、お金を生み出していくのです。学校のお勉強は好きではなかったかもしれませんが、基本的に学ぶことは好きなはず。講座、資格取得など勉強のための投資は惜しまずに。双子座の財産は双子座自身の頭の中にあるのですから。

■これはまずい! 双子座の貧乏サイン
 双子座の場合、貧乏サインよりも気をつけたいことがあります。頭がよくて商売上手ですから、自分だけが得するズルい取引も、しようと思えばできてしまいます。「やればできるけれど、やらない!」を守れるかどうかが大事なのです。商売の基本はお互いに喜べる取引です。不公平な取引は、いずれ破綻する、ということをしっかり頭にとどめておけば大丈夫。貧乏サインなど怖がる必要はありません。

■双子座の金運ラッキーアイテム
 「自分の誕生年の硬貨」が、双子座の金運のラッキーアイテムです。双子座が持って生まれた、お金に関するセンスを高め、いい情報と幸運をもたらしてくれます。普通に使っている硬貨とは一緒にしないで、別にして持っていましょう。

 物知りの双子座なら、西洋占星術の金運はホロスコープの2室を見ると知っている人もいるでしょう。わかる人は、誕生星座と2室の星座を両方見て参考にしてみてくださいね。
(高橋桐矢)※画像出典/shutterstock