記事画像

写真拡大

5月8日は「小鉢の日」――。和食の基本である「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」を推進すべく、このほど、フジッコが記念日を制定しました。

これに合わせ、フジッコは主婦を対象に小鉢に関するアンケート調査を実施。その結果から、小鉢料理にまつわる理想や悩みが明らかになりました。

8割以上の主婦が小鉢料理を意識

まず、日頃の食事に小鉢料理を取り入れることについて質問したところ、「常に取り入れるように意識している」という人は34%、「できる限り取り入れたいと思っている」という人は51%にのぼり、8割以上の主婦が小鉢料理を意識していることが分かりました。

取り入れる理由(複数回答)としては「栄養バランス」(91%)と「彩り」(46%)の2つが圧倒的で、回答者たちからは

「野菜をよく食べるようになった」
「彩りがキレイになり、家族が褒めてくれた」
「子供が美味しいといって食べてくれる」

といったエピソードが集まりました。

一方、小鉢を取り入れない理由(複数回答)について聞いてみると、「もう1品作るのが面倒くさい」が50%でトップに。「小分けにするのが面倒くさい」(17%)も3番目に多く、小鉢作りが負担に感じられるという本音も浮き彫りになりました。

また、いざ手間暇かけて作ってみても、なかなか満足のいく食卓にはならないようで、

「茶色いおかずばかりで彩りが悪い」
「量を作りすぎて2〜3日続いてクレームが来た」
「レパートリーが少なく、子供から『またこれ?』と言われてしまった」

といった失敗談も寄せられました。

子育て世代ほど小鉢料理を「買う」

ただ、小鉢料理は「買う」選択肢もあります。実際、同調査では約7割の主婦が小鉢料理(調理品)を購入していることが分かりました。世代別でみてみると30代では70%、40代では67%、50代では75%が購入しているという結果に。一方、若年層である20代と年配層である60代は、それぞれ56%と54%にとどまり、忙しい子育て世代ほど市販の小鉢料理をうまく利用し、効率的に家事を行っている状況がみてとれました。

ちなみに食べるのが好きな小鉢料理(複数回答)では「きんぴらごぼう」が75.8%で第1位となりました。「かぼちゃの煮物」「青菜のお浸し」「酢のもの」「ひじき煮」「切り干し大根」も半数以上の人が選び、和食の王道たちが高い支持を得ていました。

※調査は2017年4月12日から14日にかけ、全国20〜60代の主婦計500人にインターネット上で実施。

なお、フジッコは4月3日から5月31日まで「みんなの「#おまめさん豆小鉢」キャンペーン」を実施中。抽選で計100人にすてきな賞品が当たります。詳細はキャンペーン特設ページへ。