写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは4月27日、高感度であることから遠距離や高速移動中でも安定的な無線通信を実現できる新たな低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワーク技術の開発を発表した。

同技術を使った通信実験において、山の上や海上など障害物がない場合は 100km以上の遠距離通信に成功したほか、時速100kmの高速移動中でも安定的に通信できることを確認したという。

同技術の特徴である遠距離通信や高速移動通信を実現する高感度なデータ受信性能は、波形合成信号処理技術や新開発の高性能誤り訂正技術によって実現している。

波形合成信号処理技術は、0.4秒という短時間でパケットとして複数回送られた情報を、受信機で波形合成することで高感度を実現。移動時などは、電波強度の変動や周波数変化により、通信が不安定になる傾向があるが、通信の安定性も向上しているという。

高性能誤り訂正技術は、遠距離通信では信号レベルの低下だけでなく、信号の一部分が欠落する場合でも、通信の成功確率を高めるために、今回新たに開発された。

送信時のパケットに誤り訂正符号と伝送路を推定するために必要なパイロット信号を埋め込み、受信機が高性能誤り訂正信号処理を施し、データを復元することで、通信の成功確率を高めている。

そのほか、同技術の受信機には他の電波との干渉や多チャンネル信号妨害、マルチパスなどの通信障害への耐性を高めるため、テレビチューナーなどで使われている高ダイナミックレンジで相互変調歪みに強いチューナーLSI を搭載。飛び交う電波が多く混信が起きやすい都市部などでも良好な通信が可能となっている。

さらに、低消費電力な送信LSI の新規開発とGPS LSIの採用により、現時点においては1日1回の位置データ送信の場合、コイン電池1個で10年間の動作が可能であることを確認しているという。

(辻)