織田記念で9秒台への期待が集まる桐生祥秀【写真:Getty Images】

写真拡大

29日織田記念で夢の9秒台へ、元五輪選手が「可能性はかなりある」と期待する理由

 陸上の第51回「織田幹雄記念国際競技大会」が29日、エディオンスタジアム広島で行われる。注目は男子100メートルに出場する桐生祥秀(東洋大)だ。自己ベスト10秒01を誇る21歳には、日本人初の9秒台の期待がかけられているが、専門家は「今大会で出る可能性はかなりある」と分析。その理由には、強力なライバルの欠場が好記録を後押しするという。

 そもそも、織田記念といえば、毎年、好記録が生まれることで知られる。桐生自身が高3当時に日本歴代2位で国内最高となる10秒01を叩き出したのも、この大会である。織田記念でタイムが出やすい要因は何なのか。アテネ五輪の4×400mメートルリレー日本代表の伊藤友広氏は、レースが行われるエディオンスタジアム広島の「風」の特性を挙げる。

「追い風がタイムが出やすいというのが条件の一つ。この競技場は、もともとホームストレートに追い風がよく吹く立地、形状というのが大きい。桐生君が記録を出す前から、いい記録がたくさん出ていたし、生涯ベストを出した選手が何人もいます」

 一方、「トラックの素材」について指摘したのは、200メートルハードルアジア最高記録保持者の秋本真吾氏だ。同競技場はタータンを使用しているが、固くて反発力が高く、「高速タータン」と呼ばれている。その差が大きいという。

「タータンもいろんな種類がある。昔は大阪の長居陸上競技場が特別、固い素材を使っていた。それが世界基準でNGになり、07年に張り替えたけど、その前の大阪グランプリはとんでもない記録がどんどん出ていた。400メートルハードルの選手に聞くと、ゴールした自分の感覚より実際のタイムが1秒速かったと言っていた。選手が『えっ』と驚くくらい。

 織田も近いものがある。例えば、ボルトが2009年に9秒58の世界記録を出したベルリンはブルートラックで記録が出ない低反発のトラックだったのと、風も+0.9mというのを考えると例年の織田記念の条件が揃えば9秒4台も出ていたかもしれないくらい。そのくらいの差はあるんじゃないかと思います」

山縣の欠場が「桐生にとって大きい」…レースを左右する、両者の異なるタイプとは

 さらに、桐生にとって「追い風」となる要素もあるという。ライバルの欠場だ。桐生と並び、9秒台の期待がかけられていた山縣亮太(セイコーホールディングス)が右足首の故障により欠場を発表した。伊藤氏は「山縣君の欠場が桐生君にとって大きいのではないか」と指摘。その理由は、単なる勝ち負けだけにとどまらないとみている。

「選手にはそれぞれタイプがある。まず、山縣君についていえば、彼はどんな状況でも自分の走りができる選手です。誰と走ろうとあまり変わらない。国内でも強いし、五輪の舞台で予選、準決を走ってもあまりタイムが変わらない。これは素晴らしいこと。

 世界大会に出た日本人がレース後に『雰囲気にのまれた』『自分の走りができなかった』というコメントを聞くけど、彼にはほとんど関係ないと言って良い。仮に織田記念に桐生が出て、ケンブリッジが出て、サニブラウンが出ても、同じようなタイムで走れる、自分の走りに徹し貫けるタイプ。そこに競技場のいい条件が加われば、今の彼なら9秒台が出せる可能性はかなり高いとみていました」

 では、桐生はどういうタイプなのか。

「桐生君は高3で10秒01を出しているけど、当時の走り方とは今は変わっているように見える。発揮するパワーは上がっているように見受けられますが、接地の際の身体の乗り方が変わり、パワーが上に抜け気味で、全部の力が推進力になりきれていないように見えます。これがどう影響を及ぼすかというと、力めば力むほど、上体が起き上がってしまう。

 特に、短距離ランナーは誰かが視界に入って気にすると、接地の瞬間に力を入れて、うまく跳ね返って空中へ抜けていくという、走りのサイクルが崩れ始める。さらに頑張ろうとして、力を入れるタイミングがずれたり、力を入れる時間が長くなったりする。桐生君の場合、山縣君との対戦成績も分が悪く、影響を受ける部分があったと思います」

「断トツ」の状態が9秒台をアシスト「風次第で9秒98、97が出てもおかしくない」

 秋本氏がさらに、10秒0台をマークした回数は日本人で桐生が最も多いことを挙げた上で、そのレース展開に注目した。

「それらのレースは全部、彼が断トツで走った時にタイムが出ている。彼は高3で10秒01を出しています。ほかの選手と競うわけがなく、自分のレースができ、リズムが崩れる外的な要因がなかった。日本のトップに行くと、ケンブリッジ、山縣君などが出てくると現状は崩れやすくなってしまい、いざ勝負となった時に自分のレースができなくなる可能性はあると思います。

 ジュニア世代から圧倒的な強さを誇ったがゆえの課題を指摘したが、「断トツ」の状態では無類の強さを発揮することは間違いない。

「今回に関しては山縣君がいない、断トツの走りが予想される桐生君は、風次第で9秒台を出す可能性はかなりあると思います。9秒98、97くらいが出てもおかしくない」

 伊東浩司が98年に10秒00を出してから19年間、破ることができなかった壁。「風の影響は大きいし、運もある。でも、桐生君、山縣君はそういう風に左右されずに0台を連発しているところが、日本のこれまでにない進歩。早く追い越してほしい思います」と秋本氏が期待を込めたように、日本の短距離ランナーは着実に進化を遂げている。

 果たして、悲願の9秒台がマークされるのか。多くのファン、専門家も期待を込めた夢の大記録をかけ、4月29日午後3時50分、広島で号砲が鳴る。

【伊藤友広プロフィール】

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mにて優勝。
アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。
国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ対象)を取得。
現在は、秋本真吾氏らと「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。

【秋本真吾プロフィール】

2012年まで400mハードルのプロ陸上選手として活躍。オリンピック強化指定選手にも選出。200mハードルアジア最高記録、日本最高記録、学生最高記録保持者。
2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ所属選手、アメリカンフットボール、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。
地元、福島県「大熊町」のために被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。
2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。
現在は、伊藤友広氏らと「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。